堺 浜 パチンコ

堺 浜 パチンコ

魔術師としての今後を考えるのであれば諦めさせるべきだ

だが単なる高校時代の交際関係程度であれば今後に響くことは少ないのではないかという考えもある

「文?聞いてるか?」「え?あぁごめん、何?」「いやさっきの続き、少しは何だよ」どうやらいつの間にか康太は文に先程の言葉の続きを話すように声をかけていたのだろう

あなたも好きかも:123 スロット データ
考えを進めていたせいで気づかなかった

集中力が散漫になっているなと文は自分を戒めた

あなたも好きかも:パチスロ 新台 呪怨
ただでさえ集中しなければいけない時だというのにこの様とは、近くに奏たちがいたら笑われていただろうなと視線を鋭くしてから校門の方に目を向ける

「少しはあんたも楽しんだらって言おうとしたのよ

女の子と話すことは男子としては楽しいでしょ・・・って前にもこんなこと言ったけどさ

そろそろ知らない奴でもなくなってるでしょ?」「ん・・・まぁそうだな

話す頻度も最近多くなってきてる気がするし・・・」どうやら随分積極的にアプローチをかけているようだ

これならば自分が何か手を出す必要はないのかもしれない

だがそれはそれで問題がある

あなたも好きかも:009 パチンコ 保留 信頼度
魔術師として未熟な康太は誰かが監督してなければいけないのだ

師匠である小百合の目も、兄弟子である真理の目も届かない場所では自分がしっかりと監督していなければ

文はそんな風に考えているのだ

面倒見が良すぎると言えなくもない

だが文の中に別の感情があるということに彼女自身まだ気づいていなかった

康太という存在が近くなりすぎてその感情に気付けないというのもあるのかもしれない

自分が今抱えている感情が、信頼なのか心配なのか、それとももっと他の何かなのか、彼女は理解できていないのだ