日常生活 オンラインゲーム

日常生活 オンラインゲーム

貴方たちから見ればそう見えるかもしれないわね

あなたも好きかも:呉市広 パチンコ
でも、実はそうではないのよ?』「どういうことじゃ?」 クラーラの言葉の意味がわからずに、シュレインが首を傾げた

 神から直接力を借りることなどそうそう簡単にできることではないはずなのだ

 ところが、考助は交神具を始めとして、直接神に繋がる力の行使を気軽に行っている

 普通の感覚であれば、そんなことはあり得ない! ということになるのだが、クラーラの言葉はそれを否定するようなものだった

さっきも言ったでしょう? きちんとした規則を守れば、私たちの力はきちんと借りられるものよ? むしろ、貴方たちのほうが、そうした手順を忘れてしまったのではないのかしら?』「そう・・・・・・なのかもしれぬの」 少しだけ考える仕草を見せたシュレインは、クラーラに同意するように納得の表情になった

 そもそも神に関わることというのは、その多くが神殿で管理されてきた

 神殿は歴史上、そうした多くの知識や知恵を一般に広く伝える一方で、重要なものに関しては秘匿してきた歴史がある

 それは、神を知らない一般の者が、不用意に神に触れることによって、その怒りを買ったりしないようにということもあるが、見方を変えれば単に神殿がそうした知識を独占するために行っているともとることができる

 神殿に属さない者からすれば、それはおかしいだということになるのだが、だからといって、一方的に神殿が悪いということにはならない

あなたも好きかも:nexus7 sim スロット
 なぜなら、昔は誰でも使えたそうした知識を、神殿側に管理を押し付けて、自分たちは失伝させてしまったともいえるからだ

 神の知識は膨大な量に上るので、一個人ですべてを管理するのは無理だともいえるが、少なくともそうした失ってしまった知識というのは、歴史の流れで必要ないと選択されてきたともいえる