パチンコ キャプテン翼 評価

パチンコ キャプテン翼 評価

だが、それでも謝らなければ風音の気が済まなかった

あなたも好きかも:ルパン三世 スロット 中古
それにエミリィは苦笑して、それから首を横に振った

「ううん

カザネに謝ってもらう必要なんかないのよ

私の問題だし、カザネには申し訳ないと思ってるもの」 風音がエミリィのためにお膳立てしてくれたすべてを台無しにしたのだ

それをエミリィはエミリィで申し訳なく思っていた

「でも弟の粗相は姉が責任を持って始末つけないと」 まるで飼い犬が人の家の前で糞をして家主に謝っているかのような風音の表情に、エミリィは(ああ、考えるだけ無駄だなあ)と思いながら、再度首を振った

 それから、直樹が自分を見ていないように、この姉は直樹を以前のエミリィと同じ風に見ることはないのだと思うと少しだけ気が軽くなった

あなたも好きかも:パチスロ モグモグ 風 林 火山 2
「大丈夫

なんにもされてないから」「そうなの?」「なんかされてたら離れなかったかも……いや、なんでもない

あなたも好きかも:結城友奈 スロット 設置店
気にしないで」「そっか……うん

分かった」 風音も一応の引き際は弁えている

なので話はそこで終わりであった

「それよりもカザネって、トンファーはもう使わないの?」 それからエミリィは気を取り直して風音に別の話題を振ってきた

昨日から風音はドラグホーントンファーから装備を外していた

そのことをエミリィは疑問に思っていたのだ

今ドラグホーントンファーはロクテンくんの足パーツにして装着させたままにしてる

私の今の武器はアレだから」 そう言って風音が指を差した先にあるのは、キュッキュキュッキュと自分を洗っているジュエルカザネであった