ブラックジャック2 スロット

ブラックジャック2 スロット

 万能で無敵だから、どんな困難や課題もあっさりと攻略してしまいます

 でも読み手はそんな様を見て、なにを感じるのでしょうか

先が読めて面白くない 万能で無敵つまり「完全無欠」な主人公は「憧れ」を抱かせる存在ではあります

 しかし実際なんでもかんでもあっさり解決してしまうようでは読み手がまったく楽しめません

 だって物語の先々の展開が読めてしまって、ちっとも面白くないんですから

 もちろん展開が読めるから楽しめる物語もあるにはあります

あなたも好きかも:パチンコ 平均年齢
 たとえば時代劇ドラマ『水戸黄門』

あなたも好きかも:奈良 パチンコ 換金率
 水戸光圀公が一般人の「越後のちりめん問屋の光右衛門」と称して諸国を漫遊し、悪を見つけては懲らしめていく「勧善懲悪」の典型的な作品です

 たとえどんな悪であっても、助さん格さんなどとともにバッタバッタと敵を薙ぎ倒し、頃合いを見て「三葉葵の印籠」を出して悪人を懲らしめます

あなたも好きかも:ブラックジャック 武器 靴下
 時代劇ドラマとしては『暴れん坊将軍』『遠山の金さん』『大岡越前』『必殺仕事人』なども普段は一般人のように生活し、悪を見つけたら正体を明かす『水戸黄門』と同じ「勧善懲悪」ものでしたね

 こういった「勧善懲悪」ものは先々の展開が読めてしまったほうが安心して観ていられるのです

 特撮ドラマ『ウルトラマン』『仮面ライダー』『スーパー戦隊』、アニメ『美少女戦士セーラームーン』『プリキュア』といった各シリーズも基本的に「勧善懲悪」になっています

 子どもとお年寄りには、この手の「勧善懲悪」ものがとてもウケるのです

 どんな危機に追いやられても「ここからどうやって勝つのかな?」とワクワク感が止まりません

 小説投稿サイト『小説家になろう』なら「主人公最強」「チート」などのキーワードで示されるような作品は「どんな状況になっても必ず主人公が勝つんだよね」という共通認識を書き手と読み手が抱いています

 そうであってもライトノベルでは「勧善懲悪」ものはなかなか厳しく難しいものがあります

 単に戦って勝つだけでは平凡すぎて面白みに欠けるのです

 商業ライトノベルで成功している「勧善懲悪」ものは鎌池和馬氏『とある魔術の禁書目録』などごくわずかだと思います