サザンアイズ パチンコ

サザンアイズ パチンコ

「おまえには関係のない話だ」「そんな~

旦那と俺の仲じゃないっすか~

いけずしないで教えてくださいよ~」 得物をぶつけあったまま猫撫で声を発してきたリューグに対して、ランカインは、冷ややかに嘆息を浮かべた

もはや興味は消え失せた

あなたも好きかも:あの花 スロット 設定
夢から醒めたとでもいうべきなのか

あなたも好きかも:ブラックジャック 稼ぐ
それは、リューグの気味の悪い声音が原因ではない

 問題なのは、リューグに殺意がないという事実だった

殺す意志もなく刃を突きつけられたところで、ランカインの心が昂揚するはずもなかった

むしろ萎えるばかりである

当初こそリューグの剣気の鋭さに狂喜すらしたランカインだったが、いまや彼の興味は別の対象へと移っていた

 後方から迫り来る敵集団へ

「ならば、こんな茶番とっととやめたらどうだ」 告げるなり、ランカインは力技でリューグの剣を振り払った

リューグが態勢を立て直す隙さえ与えず、手斧の刃を彼の首筋に突きつける

刃が肌に触れるか触れないかの距離感

リューグが少しでも動けば、地竜父の獰猛な刃が彼の首に食い込むだろう

 しかし、リューグは顔色ひとつ変えない

「なんのことっすか?」「おまえに敵意がないとわかった以上、すべて時間の無駄になった」 とはいえ、敵意があればそれでよかったというわけでもないのだが