簡単 スロット

簡単 スロット

 ――少し距離の空いた静寂が流れる

 バザガジールは――この張り詰めた静寂の緊張感、対峙する相手の瞳に宿る熱のこもった闘志、互いの全てをぶつけ合うと言わんばかりの闘争心、どれも自分を駆り立てるものばかり

 だが、それはバザガジールにとってはあくまでスパイス

あなたも好きかも:パチスロ 四号機
 その全ての相手の意志を根こそぎ、奪い去ることも、そして奪い去られるのかもという刺激が堪らない

あなたも好きかも:スロット ロードオブヴァーミリオン 有利区間ランプ
 手加減をしているこの状態なら楽しめないとも思っていたが、クルシアと出逢い、教えてもらわなければ、このような高揚感にも浸ることなどなかっただろうと、内心――舌舐めずりを鳴らしている

(ああぁ……素晴らしい

せいぜい失望させないで下さいね!!) 強い殺気を感じたアルビオ

小さく息を吸って吐くと、「行きますっ!!」「わざわざ言わなく――」 火蓋はアルビオから切って落とされた

あなたも好きかも:パチンコ デイズ 駐車場
 アルビオは懐へ飛び込み、首を薙ぎ払うように黄緑の剣撃が疾る

 だが、簡単に弾かれる……が、決してその剣と視線は離さない

すかさず光に満ちた左の剣撃

 それも弾かれるが、もう臆する事は無い、自分に出来ることは攻め続けるだけだと剣を振るう

 その真剣な瞳はもうバザガジールを怖がりもしなければ、怯むこともない……逃がさないと視線を一切逸らすこともなく、果敢に攻め挑む

「ア、アルビオ……」「凄いですよ、殿下

とんでもない速さですよ」 上空から見ている一同は呆然とする

 その上空の景色は、アルビオとバザガジールの街全体を巻き込んだ、超高速戦闘が繰り広げられている

 激しく鳴り止まぬ鋼のような音、岩が崩れる倒壊音、圧力のこもった魔力の衝撃、力と力がぶつかり合うことで起きる風圧……荒々しく獣のような、しかしお互いを素直にぶつけ合うような誇りある戦いにも見える