ヤマサ 醤油 スロット

ヤマサ 醤油 スロット

二年の間にヴィルフリートが成長していて、本当にわたしは妹になってしまっている

子供の内の二年の歳月は大きい

「上手に姫様をお止めできましたね、ヴィルフリート坊ちゃま」 リヒャルダが笑顔でヴィルフリートを褒めながら、わたしの前に笑顔で膝をついた

あなたも好きかも:スロット エヴァ 目押し不要
「それから、姫様の図書館への入室ですが、全ての試験に合格するまで禁止するように、とフェルディナンド坊ちゃまから申し付かっております

奉納式に戻ることができるように、まず、試験の合格を最優先にするように、とのことです」「のぉぅ……」 ……くぅっ! 神官長め! どこまでわたしの図書館引きこもり計画は邪魔されるのだろうか

あなたも好きかも:Lucky Lion
わたしの最大の敵は神官長かもしれない

「図書館に行きたければ、全ての試験に合格すれば良いのですよ、姫様」「わかりました

試験に合格すれば良いのですね?」 わたしがくっと顔を上げてリヒャルダを見ると、ヴィルフリートが首を振った

「ローゼマインだけではなく、一年生全員が合格しなければならぬぞ

図書館に入り浸って、成績向上委員会の活動を放置されては困る

其方は領主候補生だからな」「……そうですか

わかりました

全力で行きましょう」 うふふふ、とわたしは笑いながら、明日の予定を思い返す