カジノ ヴェネチアン マカオ

カジノ ヴェネチアン マカオ

「いやー本当に受けてくれるとは思いませんでしたー

 戦闘力を見た瞬間、内心ビビりましたよ

 七百十七京パワーですよ? スリーア様が九千兆パワーですからね

 計測装置が壊れたかと思いました」チャラいアロハの男が身振り手振りを交えて楽し気に話しかけてくる

「数字の話は、よく分からないでゲスが どうやって、あんたらを鍛えればいいんでゲスか?」「我々はあらゆる手段で、ゲスナルド様に 襲い掛かります

あなたも好きかも:つくば スロット ビッグマーチ
それを容赦なく破壊してください

あなたも好きかも:麻雀物語3 スロット 天井
 その度に我々は学習して、向上します」ナーシーみたいなものか

あいつも、戦闘中に俺の動きを学習して危ないところだった

あなたも好きかも:パチスロ 5号機 復活
「ヴァーチャル空間なので、容赦しなくていいっすよ

 ゲスナルド様の脳が耐えられると判断したので 時間の密度も極限まで濃くしてます

 まあ、体感一ラグヌス(年)ほど、我々をぶっ倒し続ければ 現実世界では十分な睡眠時間になるでしょうね」つまり、これが終わるころには現実では六~八時間ほど経っているだけなのだろうと俺は理解した

「……長丁場でゲスな」良いだろう

そのくらい何も考えずに闘い続ければ、ドルナジャに振り回されてたまりにたまったストレスが解消されそうである

「で、現実では俺の脳になんか繋いでるんでゲスな」そうでないと、俺の精神が機械の二人とつながっているはずがない

「そうっすね

神経系統にちょっと何本か 微小な針でコードを刺してますんで あ、後遺症はありませんよ

 安全性抜群です」媚びた笑いをして、手をこねてきたチャラいアロハに「じゃあ、いくでゲスよ」と闘気を内在化して、見据える

彼はまじめな顔で頷いて、隣のマッチョサングラスの巨漢もニカッと白い歯を見せて来たので次の瞬間には俺は二人を跡形もないほど粉々に分解していた

破片を見て思う