bb fgo スロット

bb fgo スロット

 友達をも傷付ける未来を描いてしまった

 自分の弱さ故の過ちとはいえ、そのきっかけとなったクルシアを打倒するのは、メルトアにとっての悲願

あなたも好きかも:アルドノアゼロ スロット 戦場の少年たち
「クルシアっ!!!!」「邪魔すんじゃねえよ! 泣き虫がぁ!!」「――歌い、踊りて舞い上がれ!」「――我が情熱、魂を持って応えよう!」 そのメルトア達の戦いを哀愁漂わせながら眺めるザーディアスもまた、クルシアとの決着に想いを馳せる

 クルシアとの出逢いは他愛のないものだった

あなたも好きかも:パチンコ 打つ台がない
 それこそ冒険者と依頼主という関係

 だが、関わりあっていくうちに、自分と通ずるものがあるのだと気付いた

 同じ闇属性でも厄介払いを受けたという共通点があった

 ザーディアスは次元でありながらも、肉体型であるが故に上手く使えるわけではなかった

 今はこの大鎌に宿している魔術式で使えるが、これを手放せば、ギルヴァ同様、大した次元魔法は使えない

 だが当時の環境は、魔力タイプなど気にすることなく、非難を浴びることは多々あった

 次元魔法がどんなに矮小でも使えるというだけで、恐れられた

あなたも好きかも:札幌 パチスロ 設定
 だからザーディアスは、そんなことなど気にする余裕の無い戦場を歩き回ることにした

 半ば諦めるように

 冒険者でランクが飛躍的に上がったりしたのは、そんな人間関係から距離を置いていたことがきっかけであった

 そして実力がついて、もう誰からも何も言われなくなった頃には、大人になり過ぎた