セリア ルレット

セリア ルレット

 あまり緊迫した様子ではないが、素っ頓狂な会話でもしているのかシスターの声はあきれ声に変わったりしている

 そして溜息交じりにこちらに歩み寄りこちらの額に手を当てた

「えーと、何が始まるんです?」 思わず質問した直後、何か頭が真っ白になった

◇  頭を小突いたことで青年は飛び上がり、頭を押さえながらこちらを見た

 こちらも観察するがやはり珍しい風貌である

あなたも好きかも:ff7 リメイク セーブ スロット
 黒髪も黒い眼も、服装も

あなたも好きかも:パチンコ ウルトラマンゼロ 評価
 こちらの剣や鎧を観察したのち現状を把握したのだろうか

何故か余裕のある笑みを浮かべてきた

 さて、獰猛な感じは見えない

魔族と言われて警戒していたがどう見ても人間だ

 言葉も通じないと言ったが本当なのだろうか

「それで、名は?」 そう声をかけると凄く残念そうな顔をした後

「―――――――――――、―――――」 青年は未知の言葉を流暢に話して来た

 確かにこれは聞いた事の無い言葉だ

 適当に喋っているわけではない

しかしこんな言語をこの大陸で聞いた覚えは無い