化物語 スロット 月

化物語 スロット 月

 僕も当然、全てが遅い

 ――くそっ、あいつら! 僕ごと、狼を燃やそうとっ!! 心の中で悪態をつく

 そして、轟炎は弾け――爆発する

 咄嗟に僕は両手で頭部を守り、できるだけ遠くに飛び退きながら伏せた

だが、背中に炎をともなった突風が打ち付けられ、吹き飛ばされる

あなたも好きかも:バカラ グラス と は
 全身を炎が焦がしていく

 バーナーを当てられているような感覚だ

 発狂するような激痛が脳を襲う

 その激痛を気つけにして、僕は思考を保つ

あなたも好きかも:七つの大罪 パチンコ 喧嘩祭り
 悔しさと憎しみで、気力を保つ

あなたも好きかも:パチンコ 計数カップ
 吹き飛ばされ、地面に叩きつけられたあと、ゆっくりと目を開けて、周囲を窺う

 回廊全てを埋め尽くすほどの炎は、魔法のように(・・・・・・)一瞬で消えていた

 ただ、人間たちが逃げ出した方角には綺麗な炎の壁ができていた

「そ、そ、ぁ――」 それが、やつらの狙いだったのか

 焼けた喉は、その言葉を最後まで言わせてくれなかった

 そして、状況を再認識する

 炎の壁によって道が遮られた事で、いまここに残るのは巨大な狼と僕だけだ

 その事実をゆっくりと噛み締める