オンラインゲーム 会社

オンラインゲーム 会社

「あんなに強いカレン先(・)生(・)を負かせたのか……」 少年少女のうち、誰かがポツリと言った

あなたも好きかも:カジノ ライセンス
私との模擬戦のことを言ってるみたい

「ああ……あれはアタシが弱いんじゃないさ」 カレンは苦笑する

あなたも好きかも:パチンコ ポンチ
「それじゃ、先に食事にしましょう

演習場は埃っぽいから、外で煮炊きしますよ」 外に出て、竈を作り、泥スープ(三号)を作る

さっき野菜を調達できたので、過去二回とは味わいが違うはずだ

「はい、これ、薄く切って回してね

副支部長のベッキーさんのお母さんの手作りだよ

冒険者の皆さんで食べて下さいって」「お母さんのお母さん……」 こんな新人に近いような子たちにも、ベッキーは母として認知されているみたいだ

 食べながら模擬戦の様子を聞く

「槍の扱いについては慣れてきたようだね

彼はずっと剣だったけど」「ほう……で、勝ったのも彼と」 明らかにリーチ不足だろうに、これまで勢いだけだったラルフ少年は、この一日で何かが変わったみたいだ

「それじゃあ、ラルフしょう……ラルフさんを隊長代理にします

異議のある人、いますか? いませんね

その副官にラナた……ラナさんをつけます

ラルフさんが一人で暴走しそうな時は止めてあげてください

冷ややかな目で見てあげれば自制するでしょう」 ニヤっと笑いながら言うと、少年少女たちはドッと笑った

ラルフ少年は悔しそうに唇を噛んで、ラナたんは不満そうにしていたけれど