ビーナス ライン パチスロ

ビーナス ライン パチスロ

もしかしてこの子のことを知ってるの?」美由紀自身は欠片も覚えていないようだが、宗一郎が変化を見せたことで気になったようだな

とは言え

肝心の宗一郎も俺の名をはっきりとは覚えていなかったらしい

「…いや、思い出せない

だが、どこかで聞いたことがあるような気はするな」思い出せない様子の宗一郎だが、話を進めるために再び話し掛けることにする

「話したいことがある」「話か

わざわざ俺に会いに来るとは、よほど重要な話のようだな」「ああ

あなたも好きかも:psp ソフト パチスロ
少なくとも『俺達』にとってはな」美由紀と宗一郎の二人に視線を向けてみた

あなたも好きかも:スロット ハーデス 期待値
ただそれだけで俺の意図する内容を察してくれたようだ

「なるほどな

俺と美由紀、そしてきみか

どういう用件かは知らないが、話くらいは聞いてやろう」ようやく話し合いが成立しそうな状況で俺を見つめる宗一郎だが、今この場所で話す気にはなれない

ここは人が多すぎるからな

出来ることなら誰もいない場所の方が落ち着いて話ができるだろう

「悪いが場所を変えたい」「………

」俺の提案に対して宗一郎は微かに考え込んでから席を立った