パチスロ god 神々 の 凱旋

パチスロ god 神々 の 凱旋

流石にすぐに現人神であることには、気づかれないかもしれませんが」 この世界の神職とて無駄に修行しているわけではない

あなたも好きかも:グラブル ルーレット 年末
 特に、神の存在が当たり前であるの世界だからこそ、その存在を感じ取る修行はより厳しく行われていたりする

 神の気配には敏感なのだ

だからこそ、考助が第五層で神威召喚を行ったときも、召喚された三大神が本物であるとすぐに気付けたのだ

「神と直接会ったとかと疑われると?」「まず間違いなく

あなたも好きかも:パチンコ バイト 求人
数回も会えば、神であることも疑われる可能性もありますわ」 それを聞いた考助は、ため息を吐いた

「ああ~

・・・めんどくさいなぁ・・・」 考助は、本気で塔に籠りたくなってきた

「・・・あれ? それで、そのことと、さっきの巫女にしてくれって話はどうつながるの?」「普通であれば、私達のような神職にある者が、巫女や神官であることをそれぞれの神に認めてもらうことはありません」 わざわざ一人一人対応する暇など、いくら神と言えどもないのだ

「ですが、ごくまれに直接巫女や神官であることを認められることがあります」「加護とは違うの?」「勿論ちがいます

いえ、神にとっては同じなのかもしれませんが、神職にある者にとっては大きな違いがあります」 加護や神託と言うのは、あくまでも神の側からの一方的な恩恵である

 だが、巫女や神官であることを神に直接認められると、人の側からも声を届けられるという大きな意味があるのだ

 だからこそ、教会に属する神職たちは、日夜修行に励んでいる

あなたも好きかも:パチンコ 平均出玉 一覧
「私が、巫女にしてほしいと言っているのは、勿論自分自身の為でもありますが、この先必ず起こる嘆願を牽制する意味があります」 一人でも巫女がいれば、それを理由に他の者達の嘆願を断ることができる

 現人神と言っても考助は、実際にこの世界に実体をもって存在しているのだ

 考助が現人神であると露見すれば、直接の巫女や神官にしてほしいという嘆願が、山ほど来ることは目に見えている