アイドルうぉーず ルーレット

アイドルうぉーず ルーレット

その弱点を突いた攻撃に、劉(リィゥ)の糸目が見開かれ、碧眼が覗かせる

「拡声装置(ウルトラスピーカー)、催眠の竪琴(ヒュプノ・ハープ)併用

削り取ってください――WORLD ERASER、殺しの細剣《アストラル・ディザスター》」 特殊武装――拡声装置(ウルトラスピーカー)で催眠の竪琴(ヒュプノ・ハープ)眠気を誘う音を拡散して眠らせ、超越技で一気に三ツ首の狂狼(ヴァンケルベロス)に肉薄したエドワードが細剣で渾身の突きを放つ

あなたも好きかも:パチスロ デッドオアアライブ5 ゾーン
「対空ミサイル(エアー・ミサイル)」「三叉槍狙撃銃《トリシューラ・ストレレッツ》――狙撃(shoot)!!」「星穿つ小銃(アンチスターライフル)――喰らいなさい!」「星砕きの鞭(アストラル・ウィップ)!!」「凍結拳脚《フリージング・リンブス》でございます」 そこに、シヴァ、ケリー、シュゼット、リュドミラ、劉(リィゥ)の攻撃も加わる

あなたも好きかも:アクセス パチンコ
 強大な力が解禁されたとはいえ、元々のHPよりも遥かに低いHPで復活した三ツ首の狂狼(ヴァンケルベロス)では、この高火力に耐えることは到底できず、シヴァ達の攻撃の前に為すすべなく、眠ったまま最期を迎えることになった

 奥の扉が開き、下層へ続く階段が現れる

「早く行くわよ! 時は金なり、無駄にする訳にはいかないわ!!」 シュゼットが猛スピードで階段を駆け下り、ケリーが慌ててそれを追いかける

リュドミラはマイペースに階段を降りていった

「それでは、我々も参りましょうか?」「そうだね……行こうか、劉(リィゥ)さん」 三ツ首の狂狼(ヴァンケルベロス)の死体を回収したシヴァは劉(リィゥ)と共に騒がしい仲間達の後を追った

◆ 異世界生活百六十四日目 場所コンラッセン大平原? 地下大迷宮millefeuille、第千階層「ふん、ようやく辿り着いたか

あなたも好きかも:ジーワンダービークラブ スロット やめどき
全く、面倒なものを作ってくれたものだ」 雷切丸を鞘に収め、インフィニットは不機嫌な表情を浮かべたまま、青い炎が次々と点っていく無数の燭台を睥睨した

 本来はトラップによる落下や魔法陣によるワープなどというショートカットルートが存在せず、自力で降りて来なければ到達できない最終階層だが、インフィニットは超越技――絶対切断を悪用して一体のボスとも戦わずにここまで到達した