パチンコ 慶次x

パチンコ 慶次x

「あれ?」 ミリュウが、後ろに引っ込んだ

「ちょっと、なにやってんのよ

あなたも好きかも:山梨県 ゲッツ パチンコ
さっさと出てきなさいよ」「ま、待って、心の準備が……」「心の準備って、子供じゃないんだからさっさと覚悟を決める! っていうか、別に恥ずかしい格好でもないでしょ!」「十分に恥ずかしいわよ!」 ミリュウとファリアの口論を聞きながら、セツナは、光を感じて頭上を仰いだ

あなたも好きかも:パチスロ ミリオンゴッド 神々の凱旋 アメイジンググレイス
空を覆い隠していた雨雲に切れ間が生まれ、月がわずかに顔を覗かせていた

 三分の一ほどしか見えないものの、それでも月光は強烈に闇を払い、大地を照らした

 クオンも、彼の仲間たちも月を仰いでいる

わずかばかりの月明かりがクオンの横顔を闇の中に浮かび上がらせていた

綺麗な顔だ

だれもが息を呑むだろう

こんな少年が世の中にいたのかと驚き、慄くだろう

 セツナは、クオンの容貌の完璧さを認める自分にこそ驚きを禁じ得なかった

以前の自分なら、受け入れられなかったのではないか

(成長、しているのかな

あなたも好きかも:パチスロ 豆
それとも、変わったのか……) 自分の身に起きている変化など、己が認識できるはずもないのだが、そう願わずにはいられなかった

 口論が聞こえなくなったのでテントを振り返ると、ファリアがミリュウに押し出されてくるのが見えた

 ファリアの背を押すミリュウの楽しげな表情と、なにもかもを諦めたかのようなファリアの表情は、極めて対照的だった

ファリアの気持ちもわからないではない

ミリュウによって装備をプロデュースされた彼女は、いつもの地味な印象とはまったく違う空気を纏っていたからだ

「遅くなってすみません、隊長」 気恥ずかしそうに目を伏せたファリアが身につけているのは、軽装の鎧である