パチスロ 花の慶次 天に愛されし漢 ゾーン

パチスロ 花の慶次 天に愛されし漢 ゾーン

その手の技術は、もちろん私も会得しているが、よっぽど使わんと癖にはならんからな」「そんなもんか

あなたも好きかも:パチンコ ルパン 三世 復活のマモー 保留
知っちゃいたが、朝霧も相当怖いぜ」「怖がらせた覚えはないがな

――サミュエル、ほれ」「……よく知っているな」「なあに、ノックをしてやれば存外に話が通りやすいものだ

あなたも好きかも:fate ラン スロット セイバー
とりあえず実弾は二十発、内半分はAPだ

戦闘になったら追加してやる」「音頤(おとがい)の経由か?」「いや、鈴ノ宮だ

あなたも好きかも:地獄少女 スロット モード
――そういえば、浅間の腕は見たか?」「刺青でも彫ってあるのか」「ちげーよ

射撃の腕ってことだろ」「知らん

初対面だ」「へ? 浅間はどっかで見たとか言ってたぜ? 狙撃手の匂いを感じたとかなんとか、曖昧なこと口走ってたけど」「その性格では覚えていだろうな

最近あった仕事だ」「やっぱ掃除以外も仕事してんのかよ、エル」「……知らん、と言っている」「第一狙撃に配置されたのが浅間だ」「ああ」 そこでようやく、嘘でも冗談でもなく、白井はこの時点で気付いた

「足止めをしたのはアイツか

ちらっと帰り際に見た覚えがあったような気もする」 渡されたケースを開けば、好ましいガンオイルの香りに応じるよう、背筋に芯が通る

手早く組み立てた愛銃の動作に異変はない

すぐに弾装を外し、油紙を取りながら通常弾を込める

「狙撃兵……なのか?」「まだ話すつもりはない」「――悪い、越えちまったな」「気にするな」 弾を詰め終えてから、浅く抱くようにして肩に乗せれば、ほっと溜息の一つが落ちる

 ――そうか

 今、間違いなく余計な肩の力が抜けた

であれば自分は、それなりに緊張をもって、日常に臨んでいたらしい