坊や哲也 パチンコ 新台

坊や哲也 パチンコ 新台

その彼女らに良からぬ印象を与えている現状に比べれば、この程度は安いものです」 トールのハッキリとした言葉に、仲間たちが眉をひそめつつも「トールさんがそう言うなら」と渋々といった様子でまた席に座った

「すみませんね

彼らにしても命がけで得たものです

手放したくない気持ちが強いのでしょう」 その言葉に風音も「そりゃあ、そうだろうけど」と返す

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ トイレ
それから温泉珠を掲げて尋ねた

「けど、本当にもらっちゃっていいの? 高いもんだよ?」 ただ高いと言うだけではなく、一度個人に渡ってしまえば表に出ることは中々無いものだ

その問いにトールは「ええ」と頷いた

あなたも好きかも:オリジナル スロット
「カザネさんがそれを欲しているとも聞いていましたし、以前にジンライさんにしたことを考えれば、その詫びの意味もありますから」 そう言われた風音の顔が少し悩んだものとなった後、それから諦めた表情で温泉珠をトールに差し出した

「おや?」 それを意外そうに見るトールに風音が「やっぱり返す」と言ったのである

「いらないんですか?」「いらなくはない

あなたも好きかも:千葉 北小金 パチンコ
欲しいけど……けど、ジンライさんへの詫びが入っているなら受け取れない

残念だけどね」 心底残念そうな顔の風音に、トールが「おや、失敗しましたかねえ」と言いながら温泉珠を受け取った

「風音さん個人にと言っておくべきでしたか

なかなかに義理堅い方のようだ」「いや、普通に重いので」「重いですか?」 しっかりと風音は頷く

「私の許容できる範囲を超えてるよ

そーいうギクシャクしそうな関係は持ち込みたくない」 何しろ生き死にの話である

風音個人でのやりとりならともかく、これをもらったからジンライをはめて仲間も殺したことを手打ちにさせた……などとは容認できない