パチンコ 2016年台

パチンコ 2016年台

 また既述通り、リューベックからヴィスマル間の海岸防衛に従事するため、8月上旬に後備第1師団が周辺沿岸に到着し始めています

 リューゲン島と向かい合うシュトラールズントは後備歩兵の6個大隊と海峡に面した砲台に備えた重砲60門でしっかりと守備され、リューゲン湾に設置された防船鋼索のお蔭でリューゲン島の防衛のために碇泊していた海軍の「シュトラールズント戦隊」の砲艦(時期により増減しました)は安心して休むことが出来たのです

 シュテェチンの外港スヴィーネミュンデ(現ポ-ランドのシフィノヴィシチェ

あなたも好きかも:まどか 劇場版 パチンコ トイレ
シュテェチンの北北西57キロ)には後備歩兵3個大隊と重砲40門が、コルベルク(同コウォブジェク)には後備歩兵5個大隊と重砲30門が、ダンツィヒ(同グダニスク)とその街中を流れるヴァイクセル(現ヴィスワ)川河口にあるヴァイクセルミュンデ要塞(史跡として現存)には、後備と要塞警備兵9個大隊と重砲40門が、そして北独最北にあるメーメル(現リトアニアのクライペダ

グダニスクの北東220キロ)の砲台には海岸砲30門が備えられていました

あなたも好きかも:fez ルーレット 表示されない
その他、万が一仏軍が来襲した場合に各堡塁や要塞には旧式砲500門が何時でも使用可能なように準備されていたのです

 バルト海沿岸でも北海沿岸同様、信号所が準備され「義勇兵・監視員」が集められて勤務に就いていました

その規模は北海を大きく上回るものでした

19世紀初頭の仏の腕木信号所「テレグラフ」と呼ばれた、言わば機械式の手旗信号塔で、その後通信装置の発達で「テレグラフ」は廃れ、普仏戦争当時はすっかり電鍵式電信に取って代わられていました

あなたも好きかも:スロット 男塾 フリーズ
※バルト海沿岸の信号所 北海の信号所に続く番号で東へ続いていました

/以下所在地◆第9号信号所・「アルス(アルゼン)島」 /ノルブルク(現ノルド

アルス島北端)◆第10号信号所・「ケケニス」 /アルス島南部(セナボーの東南東15キロ付近)◆第11号信号所・「ビルケナッケ」 /ケケニスの対岸(セナボーの南東16キロ付近

ニービー北の岬)◆第12号信号所・「キール湾」 /湾口西側ビュルカーフク岬(キールの北北東15キロ)◆第13号信号所・「フェーマルン島」 /ヴェスターマルケルスドルフ(島北西端

キールの東北東65キロ)◆第14号信号所・「ダーメスフェルト」 /ダーメ(リューベックの北東47キロ付近)◆第15号信号所・「ヴィスマル」 /ペール島ゴルヴィッツ(ヴィスマルの北15キロ付近

島の北端)◆第16号信号所・「ダルサー・オルト」 /ボルン=アム=ダルスの北(ロストクの北北東50キロ)◆第17号信号所・「ヒデンセー島」 /リューゲン島の西にあるヒデンセー島の北端(シュトラールズントの北32キロ付近)◆第18号信号所・「アルコナ」 /プートガルテン付近(リューゲン島北端

シュトラールズントの北北東47キロ付近)◆第19号信号所・「ティースソー」 /リューゲン島南東端

シュトラールズントの東41キロ付近)◆第20号信号所・「ストレッケルスベルク」 /コサート(シュテェチンの北北西77キロ付近)◆第21号信号所・「オーデル」 /スヴィーネミュンデ東郊外のミスドロイ(現・モルスカ灯台付近)◆第22号信号所・「コルベルク」 /コルベルクの海岸(現・コウォブジェク灯台付近)◆第23号信号所・「ケスリーン」 /ケスリーン郊外ゴレンベルク山付近(現・コシャリン東郊外)◆第24号信号所・「ストルプミュンデ」 /現・ウストカ◆第25号信号所・「リックスヘーフト」 /現・ロジェビエ