ジャグラー ビッグ いくら

ジャグラー ビッグ いくら

「俺がここに来た理由は他でもない

向こうの世界に戻るためだ」「「「!?」」」「リリアの話を詳しく聞いていたお前達なら、父さん達より知ってることがあるんじゃないかって思ってな」 すると大介と慎一郎は、下心があるんじゃないかと叫ぶ

「やっぱり女の子の身体が良かったんじゃないかあ!!」「人のことを散々むっつりスケベと言っておきながら、勝平君が一番むっつりスケベじゃないか!!」「理由があるんだよ! 理由が!」 隆成が二人をどうどうと抑え込むと、俺は理由を語る

「俺がここへ戻ってきたのは、俺が望んでじゃない

敵の攻撃によるものなんだ」「敵……?」「お? なんだか面白くなってきたな」「馬鹿言ってんじゃねえよ

こっちは本気(マジ)の話なんだ」 そう真剣にツッコむと、俺はクルシアの策略にハマってしまったことを説明した――

あなたも好きかも:阿倍野 区 パチンコ 優良 店
「……」「と、とんでもない奴ですね

そのクルシアっていう方」「ああ

あなたも好きかも:レイブ パチンコ 狙い目
クルシアの野郎のことだから、きっとこっちへ来る手段を講じてくるはずだ

あなたも好きかも:パチンコ ムム ちゃん
そんな奴のところに事情も知らないリリア本人が飛ばされたんだぞ

どうにかしなきゃって思うのが普通だろ?」 先程まで浮かれ気分だった大介と慎一郎も、真剣な表情へと変わる

「それで? そう言うからには元の……っていうか向こうに行く目処はついてるのか? こっちからは難しいってのはわかってるだろ?」「ああ

だけど一人だけ、俺とリリア以外の方法で異世界に転移した人物が向こうにいたんだ」「何?」「『たなか けいすけ』って奴が向こうで勇者として活躍した歴史が残ってる」「つまりかっちゃんは、その『たなかけいすけ』の足跡を辿りたいわけだ」「その通り!」 俺は指パッチンして正解と宣言する

 というよりは手掛かりがそれしかない

 すると大介と慎一郎も異様にやる気を発揮する