たまプラーザ パチンコ 閉店

たまプラーザ パチンコ 閉店

「正しくは各世界にそれぞれの世界をデザインした創造神がいるけどね

達良くんもそのひとりだけど、すべてを紡いでいるのは私だよ

今の私はこの2号を通じて、風音というインターフェースで弓花と話している状態なわけ」「それって、神人、コミュニケーターと同じってこと?」 弓花がノーマンやミュールを思い出しながら尋ねると、大神は再度頷いた

大神という巨大な存在と弓花とを意思伝達させるためのものという意味では同じ

2号の意思は可哀想だけど今は封じさせてもらってる

今は私のターンだし」 そう言って、大神がタンクトッパー風音を地面に置くと指をパチンとさせる

すると周囲で怯えてうずくまっていたゴブリンたちがの気配がゆっくりと消えていくのを弓花は感じた

「消滅した? ゴブリンが?」「ここはね

あなたも好きかも:ジャスティス パチンコ 会社
一応夢の中ではあるけど、厳密には私が構築した小規模な世界そのものなんだよ

あなたも好きかも:カード ブラックジャック
その中で私は私の思うがままに、好きなようにできる

あなたも好きかも:パチンコ 偽物語 199 感想
ま、過去の記録を規範にしているから、すぐに修正されるけどね

そんで、通常の世界はかつての地球を規範として、法則を固定してるって感じかな」 そこまでの大神の言うことを弓花は半分も理解できなかったが、それがとてつもないことだとは察せられた

「すごいわね

私たちもそうやって、造られてるってこと?」「まあ身体はそうだけど、魂はオリジナルだね

そこから逆算して魂の器である肉体を完璧に造り上げるのには随分と時間がかかったよ

今でこそ簡単にできるけどね

後は魂自体が損傷してるのを確実に直すのにも時間がかかったね」 その言葉に弓花が首を傾げる