リゼロ スロット ゾーン 振り分け

リゼロ スロット ゾーン 振り分け

 その後、退室するまでアヤメと二人きりで話したいというカルディナの手を押し切って、マヤは執務室から強制的にアヤメを連れて脱した

『あなたは、どなた?』 血の雨が、降っていた

 血の雨の中で、彼女は、その女と出逢った

女は、血の雨を浴びて、絶望的なまでに美しく見えた

あなたも好きかも:青梅 スロット 新台
だから、というわけではないが、彼女はその女に話しかけたのだ

同類だと想った

同じ、死神なのだと

あなたも好きかも:パチンコ 特定部品
『わたし? わたしはカナギ

カナギ=ラハン』『変わった名前ね』 少なくとも、ジベルで聞くような名前ではなかった

どこの出身だろうと、血に濡れた髪を見ながら考えたことを覚えている

あなたも好きかも:sim スロット ピン
そして、その名前の響きが気に入って、胸中で何度となく言葉にしたことも

『でも、綺麗な名前』『綺麗? そんなこといわれたの、初めてだわ』 カナギと名乗った女は、そのときはじめて、彼女に微笑んでくれた

その微笑みのあざやかさは、闇の中に星を見出したのと同じくらいに輝かしく、眩しかった

『あたしの名前はレムよ

レム=マーロウ』『レムね

覚えたわ

あなたの名前も、可愛らしくて、素敵だと想うな』『そうかな』 気恥ずかしかったのは、他人に名前を褒められたことがなかったからだ

自分では気に入っていたが、他人がどう感じるかなど、考えたこともなかった

『そうよ』 カナギが笑うと、レムもつい笑ってしまう