にゃんぱす パチスロ

にゃんぱす パチスロ

 そして物語には「起承転結」や「序破急」といった構成が必要になります

 そのためにまず「主人公が事件(イベント)に巻き込まれる」ことになるのです

主人公が窮地(ピンチ)に陥る「主人公が事件(イベント)に巻き込まれる」ことで「主人公が窮地(ピンチ)に陥る」のです

あなたも好きかも:3がつく日 スロット
ここで読み手をハラハラ・ドキドキさせます

主人公へ感情移入してもらうポイントです

あなたも好きかも:学園黙示録 highschool of the dead パチンコ 甘
 事件(イベント)が起こって巻き込まれたのが起承転結の「起」であるなら、「主人公が窮地(ピンチ)に陥る」のは「承」に当たります

 ここでどれだけ劣勢に立たされるかで主人公の置かれた立場の深刻さが明らかになるのです

あなたも好きかも:グラセフ 5 カジノ ルーレット
 実力に差がありすぎると突き抜けてしまいパロディーと化してしまうので、主人公陣営が精いっぱい頑張れば乗り越えられるくらいの「窮地(ピンチ)」に陥るようにしましょう

 この段階で主人公の協力者を出しておくと起承転結の「転」に進んだときの唐突感がなくなります

状況次第では「起」の段階から出しておいてもかまいません

 そのときから主人公の協力者となるのか「承」の段階で協力者に名乗り出るのかは展開次第です

窮地《ピンチ》を跳ね返そうと頑張る 主人公陣営は「窮地《ピンチ》」からの脱出をかけて動き始めます

 ここで「どんなことを始めるのかな」と読み手に興味を持ってもらうのです