ネッテラー カード 入金

ネッテラー カード 入金

え? え? と目を白黒させているうちに、一本釣りのように強く引かれた

わたしの体はひゅんと空を飛んで、気付いたらわたしは神官長の騎獣の上にいた

「全く手間がかかる」「……お、お手数をおかけいたしました」 レッサーバスを魔石に戻し、シュネティルムの方へと移動する

レッサーバスの中にいた時と違って、空気は肌を刺すように痛く尖って、高速で移動すると目を開けているのも辛い

「完全に再生するまでが勝機だ

絶対に逃がすな」「……はい」「両手でしっかり握って、魔力を全力で込めなさい」 神官長の左腕がわたしの前に回され、落ちないように支えてくれている

あなたも好きかも:パチンコ 真下
 わたしはライデンシャフトの槍を両手で強く握って、魔力を注ぎ込んでいく

あなたも好きかも:バンドルカード ネット銀行
すでに魔石の色は変わっているので、魔力は満たされているはずなのに、流し込めば魔力はまだ流れていく

 晴れ渡っていた空が曇天へと変わっていき、また雪が降り始めた

あなたも好きかも:パチンコ タイヨー 放出
 左足の傷は完全に塞がっているようで、ぶんぶんと振り回されている

そして、右の前足も半分ほどが再生されているように見えた

「まだだ」 頭上で神官長の声がする

 わたしはどんどんと近付いて来るシュネティルムを見据えながら、槍に魔力を込めていく

 神官長がぐっと騎獣を上に向けて、ひたすら上空へと上がり始めた

「まだ足りない」 全力で魔力を流し込んでいく

 飽和状態になったように、魔力がバチバチと火花を散らし始め、ライデンシャフトの槍の穂先が青く光り始めた

「いつでも投擲できるように右手で構えなさい」 神官長の言葉に頷き、わたしはライデンシャフトの槍を槍投げできるようにつかんで構える

 神官長は「しっかり握っていなさい」と言いながら、槍に触れないように、右手でわたしの手首をつかんだ