スロット 上乗せ 事故

スロット 上乗せ 事故

あなたも好きかも:パチンコ ゼント 岡崎
「あ、おはようございます

あの?」 いつも通り、艶やかな髪のサヤが、まだ夜着のままだった

あなたも好きかも:スプラトゥーン 武器 ルーレット
羽織も羽織っていない

普段なら慌てる所だが、今はそれどころではない!「さ、サヤ……俺、の、髪が……」「あ、やっぱり? 銀髪だって言ったじゃないですか」 サヤだけは慌てない

 銀髪……そう、鏡の俺が銀髪なのだ

あなたも好きかも:スロットカー 子供
今まで見たことないような光沢があって、しかも寝癖が酷くない! 人生を十八年やってきて朝起きたら銀髪になっているなんて、誰が思う? 思わないよね⁉︎ 光沢が出ただけだと言われればそれまでだけど……なんであんな油数的でこうなる⁉︎ 茫然自失……まさにこのための言葉だ

サヤの髪があんなに艶めいてるのもあの油のなせる技か

サヤの世界は一体何に精力を注いでるんだ……髪にツヤを出す魔法の油は、なんの用途で作られているんだ⁉︎「ちょっとで随分、つやが出ましたね

 あとで結いますから、少し待っててください

身支度してきますね」 サヤは笑顔でそう言って、パタンと扉が閉じた

 …………それだけ⁉︎ ◆「おはようギル」 いつも通りの挨拶

 朝食のため応接室に移動する途中、廊下で部下と話し込むギルを見つけたからそう声をかけた

 するとギルの視線がこちらを向き……バサッと、手の中の書類が落ちて広がる

 使用人が慌てて拾いだしたが、ギルはそれに気付きもしていないよう

「おま……なんっ……何が起こった⁉︎」「いや……髪を洗ってもらったんだけど、ホントびっくりしたよ」「銀⁉︎ 洗って⁉︎ なんの魔法だ