牙狼 びくう パチンコ

牙狼 びくう パチンコ

土台十四歳の少年が取り組むには早過ぎる問題だ

 フィロラオスも、生徒の理解が進んでいないことを察して、一つ例えを出した

 出来立てのコーヒーが入ったポッドを持ち、二人分のカップを並べる

「さて、ここに二人分のコーヒーがあるわけじゃが……これの分け方にはいくつか方法がある

 一つは、儂が権威者として一方的に量を決めること」 そう言うなり、フィロラオスは自分のカップに並々と注いだ

トビアはその行為にどんな意味があるのか見極めるかのように、じっと黒い液体を見つめている

「これこれ、ここは不満を言う場面じゃろうが」「……あ

はい」「自らの権利意識が無いと、コーヒーだけでなく他のあらゆる物を好き勝手されてしまうぞ

あなたも好きかも:スロット ベタピン
 とまれ、儂の行為に異議を唱え、平等に注ぐことを主張した瞬間、儂と君の間でコーヒーをめぐる政治が発生するのじゃ」「つまり、何かを分けるために話し合う、ってことですか?」「その通り

あなたも好きかも:スロット 鬼浜 愛 終了画面
政治の基本は、限りあるものをどのように分配するのか、という点じゃ

あなたも好きかも:埼玉 パチンコ チャレンジャー
 先に挙げたように、基本的な政治の形態はこの二つに分類できる

 すなわち、皆で話し合って決めるか、あるいは誰か一人の決定に委ねるか

前者は議会を生み、後者は君主を生み出す

 じゃが、これ以外にもう一つ、ある特殊な例が存在する」「特殊な例……? 皆で話し合うのと、一人が全部決める以外に、決め方ってあるんですか?」「あるのじゃよ

それが……」 フィロラオスの言いかけた言葉は、研究室に駆け込んできたペトラのせいで途切れさせられた

乱暴に蹴飛ばされた扉が悲鳴を上げ、コーヒーに口を付けようとしていたトビアは驚いて中身をズボンの上にこぼしてしまった

「一大事だ、爺さん!」「そのようじゃのう

ま、出来ればノックしてから入ってきて欲しかったがの」 熱さと染みに取り乱す弟子を横目に見ながら、フィロラオスはコーヒーを啜った

「で、一体何があったか、落ち着いて話しておくれ」◇◇◇ エリコの攻防がパルミラに知らされたのは、戦闘が終わってから二日と半日が経ってからだった