パチンコ がちゃぽん 新川

パチンコ がちゃぽん 新川

《よくぞ、我が試練に打ち勝った》 聞き知った声が、集合領域そのものを激しく振るわせた

《我は、獅子神皇レオンガンド・レイグナス=ガンディア

ネア・ガンディアの王にして、神々を統べ、イルス・ヴァレを統べ、百万世界をも統べるものなり》

「試練……だって?」 セツナは、憤然と天を仰いだ

 獅子神皇を名乗るものの声は、頭上から降り注ぎ、雷鳴よりも猛々しく、まるで世界全体を震撼させるかのように響き渡ったのだ

 この集合領域だけではない

 領域の外にも、その声は強く、烈しく、轟いている

あなたも好きかも:スロット エヴァ 777 フリーズ
 世界中、生きとし生けるものの耳に深く刻みつけるように

 あるいは、世界そのものに対して

あなたも好きかも:スロット 絆2 朧bc
「冗談じゃない」「そうね

まったく、冗談じゃないわ」「本当に……本当に、陛下の声なんですね」「いまさらだ

そこはな」 しかし、ルウファが愕然とするのも無理のない話だ

獅子神皇がレオンガンドの成れの果てであるという事実は知っていても、対面したわけでもなければ、その姿を目の当たりにしたわけでもないのだ

 話だけを聞き、それが事実なのだと認識していても、それでも、認めがたい、受け入れがたいものとして、彼や多くのものの中にはあったはずだ

 特にルウファは、ガンディアの名門貴族の出身ということもあり、レオンガンドへの忠誠心は、セツナたちの中では一番といってもよかった

おそらくセツナ以上にレオンガンドを信奉し、心酔しきっていたに違いない

 それが、世界を滅ぼしかねない存在と成り果てたという現実に直面すれば、絶句もするだろう

 頭で理解するのと、心で納得するのとは、わけが違うのだ