ブラックジャック 英語

ブラックジャック 英語

 だが――「――できませんよ」 マリアなら同意してくれると思っていた僕は、予定していた続きの言葉を喉奥に引っ込める

代わりに、その続きの言葉を聞かされる

「カナミさんみたいには、できません」「ぼ、僕みたいに……?」「カナミさんは、少し勘違いしています

私たちがラスティアラさんについて話さないのは、カナミさんのことを考えてではないです

あなたも好きかも:バジリスク3 スロット 天井
単純に、まだ私たちはラスティアラさんの死を、受け入れ切れてないだけです」 意外な即答の理由は、至極当然の――たった二ヶ月程度では、親しい人の死を受け入れることなんてできないという――普通の弱音だった

「どのような最期をラスティアラさんが迎えたか、私たちはカナミさんに教えて貰いました

あなたも好きかも:年末 年始 パチンコ 営業 時間
魔法を使って、その遺言まで聞くことができました

あなたも好きかも:ラファエル パチンコ
その死を、『呪い』の意味まで含めて、全て受け取って……、でも――」 あの激闘の中、僕は完全に心の整理をつけることができた

 しかし、マリアたちは違う

「――心のどこかで、まだ私たちは『ラスティアラ・フーズヤーズの死』を信じてません

だって、ラスティアラさんは、そういう人でした

あの人なら、またひょっこりと帰ってきてくれる気がするんです

私たちが、死んだことさえ話していなければ……、またいつもみたいに笑って、「大変だったよー」って言いながら、この家まで帰ってくるかもしれないって――」 ぽつぽつと、マリアは呟く

 どちらが正しいのかと問われれば、それはきっとマリアだ

 いまの僕みたいに、何もかもわかった風な顔で、いつも通りの生活をしているほうが、おかしい(・・・・)

 しかし、それでも僕はお願いするしかない

彼女の死を受け入れて、新しい未来を――『ラスティアラの物語』の続き(・・)を、これからは歩んで欲しいと

「マリア、ラスティアラは帰ってこない

僕がラスティアラを好きって思ってる限り、絶対に帰って来れない