ナナシー パチンコ 99

ナナシー パチンコ 99

「そうですか」 そう言って小さく頷いたコウヒを見て、ジアーナは「フフフ」と小さく笑った

あなたも好きかも:攻殻機動隊 スロット 電脳ラッシュ 色
「?」 そんなジアーナを見て、コウヒが首を傾げる

まさか私がこんな考えを持つことになるなんて、貴方との戦いの前は欠片も思っていなかったわ

・・・・・・ありがとう」 小さく、けれど確実に言われた感謝の言葉に、コウヒは小さく頷き返すのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ そんなコウヒとジアーナの会話があった数日後

 考助がアマミヤの塔の管理層から戻って来た

あなたも好きかも:シンガポール サンズ カジノ
「お待たせ

ようやくできたから攻略再開するよ」 戻って来た考助は、部屋で休んでいたリリカを呼び出してそう言った

 その手には、板状の物が握られている

「それを作っていらっしゃったのですか?」「うん、そう」 リリカの問いに頷いて、考助はその板状の物を配り始めた

 ピーチやリリカは勿論、コウヒにもだ

 ミツキは既に管理層で渡してあった

あなたも好きかも:三鷹 パチンコ 優良店
「一応コウヒにも渡しておくね

使うかもしれないし」「はい」 そう言ってコウヒは素直に頷いて考助から受け取っていた