スロット 零 やめどき

スロット 零 やめどき

こちらは、行政が用意する学校とは別に進行していましたが、公教育が出来るのを待って用意されていました

あなたも好きかも:バカラ チーズ
その話は次回です

※学校の話を本格的に進める前に、アンケートを取りたいと思います

後ほど活動報告を更新するので、ご協力願います

ラゼクアマミヤが国家として公教育制度の確立を目指して動いている頃、クラウンは別の教育機関の設立を目指していた

 簡単に言えば、職業訓練校の設立である

 実はこちらの方は、ラゼクアマミヤが作っている学校程難しい物ではなかった

あなたも好きかも:スト4 スロット 評価
 何しろ、クラウンの元になっているギルドには、ルーキーを教育する制度があったりするのだ

 教育と言っても、ランク上位の者がルーキーに対して、心得だったり技術を教えたりするものだ

 工芸部門では師弟制度が存在しているので、弟子を募集している親方を紹介したりと言ったこともしている

 基本的にそうしたことは公的ギルドの役目なのだが、アマミヤの塔の街には公的ギルドが存在しない

あなたも好きかも:亀田 パチンコ デルゼ
 そのため、ラゼクアマミヤから依頼をされてクラウンがその部分を担っていたのだ

 職業訓練校は、それを拡大した物になる

 元は少人数が対象になっているとはいえ、似たような制度があるので、説明にはさほど苦労は無かった

 作ろうと思えば、数年の準備で設立できただろう

 それがここまで時間がかかったのは、ラゼクアマミヤが国家として作る学校の設立を待っていたためだ

 先に職業訓練校を設立して、公教育がおざなりになってしまってはいけないという配慮をしたのだ

 残念ながら公教育の方は、少なくとも最初のうちは、対象が貴族たちに限った物になりそうなので、ほとんど配慮した意味が無かったのだが