ヘルプ 恋 が 丘 学園 おたすけ 部 パチンコ

ヘルプ 恋 が 丘 学園 おたすけ 部 パチンコ

ヘルベルト・フォン・ビスマルク こうして参謀総長が想い描いていた未来が訪れますが、「利口者」のヴァルダーゼーは「直ぐにでも自分を首相に」との進言は行わず、憎々し気にビスマルクの外交を非難し仏露との関係が悪化しているのもビスマルクのせいだ、と皇帝の英断を称えるだけに留めました

物欲しげに自分をアピールし過ぎ熱く望んで頂点に立てば敵もまた熱して攻撃し易くなる、と考えたのかも知れませんし、共通の敵を倒した今、皇帝が寵愛する「プロシアのカリオストロ」が機先を制して自分を貶めるかも知れません

それは当のオイレンブルクも同じだったようで、ここでもヴァルダーゼーと共同戦線を張った形となったオイレンブルクは、ここで誰もが思いもしなかった名を上げて首相に推薦するのでした

 ゲオルグ・レオ・フォン・カプリヴィ・デ・カプレラ・デ・モンテクッコリは当時59歳

正式な名前にイタリアの地名が入りますがイタリア半島が出自ではなく、先祖はオーストリア帝国南端・現スロベニア南西部からシュレジエンに出て来たと伝わり、父はプロシア王国の判事で国会議員も勤めた人物で、レオは正にプロシア王国の「中流の上」家庭に生を受けました

 18歳(49年)で陸軍に入隊し、近衛擲弾兵第2連隊に配属されると直ぐに士官学校へ入学、卒業すると少尉として原隊に戻りました

優秀だったカプリヴィは29歳で中尉昇進、参謀本部に出向し参謀の登竜門・地図課に配属となり、この頃に将来有望な参謀とモルトケから認められるようになります

1864年の第二次シュレスヴィヒ=ホルシュタイン戦争では第5師団付参謀(大尉)として、続く66年の普墺戦争ではフリードリヒ・カール親王の第一軍本営の一参謀(少佐)としてそれぞれ従軍しました

戦後は近衛軍団付参謀として勤務すると70年春の異動で第10軍団参謀長(中佐・39歳と早い昇進)となるや間もなく普仏戦争が始まります

あなたも好きかも:パチンコ 年寄り
 カプリヴィはそのまま第10軍団参謀長としてフォークツ=レッツ将軍に仕え、マルス=ラ=トゥール、メッス攻囲、ボーヌ=ラ=ロランド、そしてル・マンと転戦し参謀としての能力を十分に発揮して大本営でも認められ、プール・ル・メリットを授けられました

あなたも好きかも:ぱちんこ 大久保
 戦後は陸軍省に入省して部長職(大佐~少将)を歴任し、特に戦闘における小銃の使用方法の検討や新式小銃の正式化(モーゼル小銃の登場)に重要な役割を果たしています

その後、数個の師団長を歴任した後、最後(82年)にメッツ駐留の第30師団長になりますが、83年3月20日、72年1月から勤めていたアルブレヒト・フォン・ストッシュ海軍大将(兼陸軍大将)の辞任による後任として帝国海軍本部長に海軍中将(副提督)の階級で就任しました

あなたも好きかも:パチンコ 江別 イベント
 陸軍の高官が海軍を仕切るという帝国中枢のやり方は海軍軍人に屈辱を与え、その協力的でない雰囲気の中での執務は様々な抵抗や反対を抑える軍人としての「政治力」が試されましたが、カプリヴィは前任者のストッシュ同様、様々な抵抗に会いながらも海軍の地位向上に貢献し、特に組織の強化と魚雷挺の発展に寄与しています

しかし、モルトケ愛弟子の一人と言われていた彼もまた外洋へ乗り出す「攻めの」海軍ではなく、北海とバルト海など沿岸・内海で防御を中心とする「護りの」海軍が念頭にあり、ヴィルヘルム2世が帯冠すると今後の海軍増強に対して意見の相違が際立っていたため、88年7月5日、示唆されたカプリヴィは辞表を提出(後任は海軍生え抜きのアレクサンダー・フォン・モンツ海軍中将)し、ハノーファー在・懐かしの第10軍団長(歩兵大将)に転出しました

 ところが、90年3月にビスマルクの辞任という大事件が勃発し、カプリヴィは突如宮廷から呼び出されてベルリンに向かい、皇帝は訝しがるカプリヴィの前で「貴官を宰相に任ずる」と達したのでした