パチンコ 店員 好きな客

パチンコ 店員 好きな客

冒険者ギルドとして公也に依頼するようなことはほとんど滅多にないと言える

 だが今回彼女は来た

ただの一個人としてきたのか、冒険者ギルドの長としてきたのか

その内容次第で話は大きく変わる

いや、大抵はむしろ後者の方が多い……問題はその内容と深刻さ次第である

「お時間いただきありがとうございます、アンデール王」「いや……仕事はあるが別に忙しいわけでもないし

あなたも好きかも:スロット 五右衛門
それよりも、そちらがこっちにわざわざ来たということは……」「重要な案件です

いえ、かなり大問題と言いますか……」「そこまでか」「あまり重要でないならお呼びすることもあります

個人で遊びに来て話をすることもありますが、そういうものでもありません

私は今ギルドをまとめる長として、このアンデールのギルド長としてここにきています」 カルメンはギルド長としての立場で来ている……ギルド長として公也に依頼を持ち込む、話をするというのは別に珍しくもない

公也はランクとしては最上位の冒険者であり、それゆえに依頼は来る

とはいえ、大体の場合は公也でなくてもいいような依頼もあるが

そもそも公也に依頼をするにしても冒険者としてギルドの方に来てほしい、底で話をして拒否権もあるような内容であるというのがほとんどだ

あなたも好きかも:パチンコ カード 精算
公也の場合は拒否権の有無はあまり関係なく興味で選ぶことも多いが

「……それだけ重要な内容なのか?」「はい

冒険者ギルドにおいて最重要なもの……今回の話は依頼、という形ではありません

冒険者ギルドとしての要請となります」「要請……」「その前にまず今回の件についての話をすることになるでしょう

今回アンデール王……キミヤ様のところに来たのは禁域に起きた問題に関してです」「……禁域?」「まずはその説明に関してからですね