ブラックジャック テレビ

ブラックジャック テレビ

「アヒム、エゴン

これで大丈夫かしら?」「恐れ入ります、ローゼマイン様」「雪が降る前ならば、小神殿へ取りに行くことは可能なので、他に必要な物があれば、早目に準備しておくようになさい」 生活用品を渡すと、二人は「これで清めが捗ります」と大きく頷いて喜んだ

二人はこれから自室の掃除に精を出すらしい

あなたも好きかも:パチンコ 件数
気が済むまで掃除すると良い

あなたも好きかも:ガンツ スロット 強制終了
できれば、それを見たハッセの人達も少し掃除に関心を持ってくれると良いと思う

「リヒト、昨日話していた通り、こちらが二人の分の食料です

冬支度の一部として管理をお願いいたします」「かしこまりました」 アヒムとエゴンの冬支度用として、わたしは寄贈分の一部をリヒトに預けた

そして、残りは灰色神官達に言って、レッサーバスに積んでもらう

小神殿の冬支度に使うのだ

「では、わたくしは先に小神殿へ戻っておりますね」 城への徴税分を転移させているユストクスと仕事ぶりを監視しているエックハルト兄様に声をかけると、わたしはハッセの小神殿へと荷物を運んだ

あなたも好きかも:獣王 パチンコ
 ……朝から重労働したよ

 基本的にレッサーバスを動かしただけだが、もう疲れた

わたしは小神殿の自室で、フランに入れてもらったお茶を飲みながら、護衛騎士のブリギッテと共にしばし休憩だ