米子 パチンコ 人気

米子 パチンコ 人気

それでこのガラの悪いのがバルドバ君だよ」「よろしく」「よろしくね、勇者様」「ヘレン

俺の扱いがおかしいだろ」「おかしくないよ

あなたも好きかも:パチンコ 店員 イラスト
横柄で怖い顔ばっかりだからだよ」 紹介された一同はそのバルドバに対する応対に、相変わらずの器量の深さと知る

「僕はアルビオ・タナカです

あなたも好きかも:3号機 スロット 規則
勇者ではなく、末裔や子孫が付きます」「何だっていい」 するとバルドバは腰を曲げて、ずいっとアルビオと目線を合わせる

「な、なんです?」「おい、ヘレン

コイツとの一騎打ちで俺が勝ったら、俺の女になれ」「「「「「!?」」」」」 アルビオ達、全員驚く中その本人は、「やだよ

断る」 さらっと断りを入れた

「あっさり断った!?」「そりゃそうだよ

ていうか、しつこいよ、バルドバ君」「お前みたいないい女に手を出さないでどうする」「ていうか、どうしてそうなるの?」「そりゃお前、強え男の方がいいだろ? 自分を守ってくれる強え男がよ」 私はここで何をしていたのかを説明していた

 バルドバ君は勇者の末裔が来ていることを知り、私に頼り甲斐のあるカッコイイ男の子をアピールしたいみたいだけど、「悪いけど、私、色恋沙汰はまだ考えてないの

諦めてくれないかなぁ?」 散々言っている言葉を繰り返す

「お前が俺の女になるまで諦めねえよ!」 まったく聞く耳を持たず、ニカッと笑みすら見せる

「あ、あの……」「あぁ? なんだ? 勇者よぉ……」 文句でもあんのかよという威圧的なガン決め

バルドバは高身長でもあったので、その威圧感に押されて、「――ひっ! な、何でもないです……」 根性が出なかったようで萎縮する

 バザガジールみたいなのと戦える割に、普段は相変わらず大人しめな彼であった