カジノスロットマシン

カジノスロットマシン

迷彩模様かなと思ったんだが、迷彩模様にしては模様が大き過ぎるし、正反対の色だけで模様を作ったとしても全く意味はない

まるでそのパジャマの模様は牛のようだ

あなたも好きかも:ミルキィホームズ スロット ジャンジャンバリバリ
 ラウラが身に着けていたのは―――――牛と同じ模様のパジャマだった

「は………? う、牛…………?」「うぅ…………」(ほら、ラウラちゃん

恥ずかしがっちゃダメだよ?)「ふにゃあ………み、ミラさん、やっぱり恥ずかしい………」(頑張って!)「う………」 もう一度ちらりとこっちを見たラウラは、瞳を瞑ってからくるりとこっちを向いた

そしてベッドの上に座ったまま、胸元のチャックを少しずつ下ろして、大きな胸を強調するために少し前かがみになる

 チャックを開けられた牛と同じ模様のパジャマの隙間からは、彼女のお気に入りのピンクと白の縞々模様のブラジャーが見えていた

「もっ……………モー…………っ」「……………」 恥ずかしそうに牛の鳴き声の物まねをするラウラ

左手を頭の上に伸ばして角が伸びていることを確認した俺は、息を呑みながら顔を紅潮させているラウラを凝視する

あなたも好きかも:akb スロット 勝利の女神 天井
 いつも抱き付いてきたり、一緒に風呂にはいる時は恥ずかしがらないんだが、恥ずかしがっているラウラもなかなか可愛らしい

 ナタリアとステラは呆然としたままになっている

あなたも好きかも:幕張 スロット アスワン
 俺は息を吐いてからベッドの近くへと歩み寄ると、まだ恥ずかしそうにしているラウラの隣に腰を下ろした

「お姉ちゃん」「な、なに………?」 まだ顔を紅潮させ、ぷるぷると震えているラウラ

俺は呼吸を整えてから片手を伸ばすと、牛の模様のパジャマに身を包んでいる姉を抱き寄せた

「ふにゃっ………!?」「可愛いよ、お姉ちゃん」「ふにゃあっ!?」 久しぶりに恥ずかしがるラウラを見る事ができた

俺は彼女を両手で抱きしめながら、ドアの近くでにっこりと笑っているミラさんに向かってぺこりと頭を下げる