パチンコ 入れ替え バイト

パチンコ 入れ替え バイト

多分ライが言う言葉は、自分が聞きたくても聴けない、少女の本音の言葉でもあるから

「ワチシもリリィちゃんも、大事な人が側にいて、普通に暮らせていればそれで十分幸せなんだにゃ

成長だって自分の力でしてやるにゃ

あなたも好きかも:2 万 発 パチンコ
だけど誰も、大事な人の命を削って貰ってまで、"普通の日"が欲しいなんて考えてないにゃ!」ウサギの賢者を全身全霊で信じ、愛して待っている―――リリィの言葉

「シトロンさん婆さんと私の気持ちを言わせて貰えれば、命を削ってというか、大好きな守りたい人の為に使うのはいけない事かな?」「"いけない"にゃ

あなたも好きかも:悪魔城ドラキュラ スロット 初代 アプリ
少なくとも、今のリリィちゃんには絶対いけない事にゃ」ライの答えに迷いはなかった

「賢者殿、リリィちゃんの泣き声聞いたにゃ?」ネェツアークには一番堪える話

あなたも好きかも:パチンコ 負けまくってる
「聞いたし、心が痛くなったさ」「にゃ~、そんな口振りという事は、そんなに責めないで欲しいって感じだにゃ~でも、無理にゃ

ワチシはリリィちゃん側だった"人"にゃ~」話はライのペースに合わせて進んでいく

「無理をして助けられたなら、それは自分は大切な人の重荷にしかならないって気持ちになるにゃ~

助けられた方は、方なりにプライドが、"誇り"が傷つくにゃ」ライが人差し指をクルクルと回しながら言う

「―――その重荷を背負いたいから背負っているのは、いかんかね?

というか、助けないと死んじまうよ?

ついさっきみたいに」ネェツアークが少しだけ険のある言葉でライをいなす

「にゃにゃ~