パチンコ lab 女性 ゲスト

パチンコ lab 女性 ゲスト

拡張の話はちょっと置いておこう

 リニューアルオープンは十日後、とはしておいたけど、時間までは指定していなかったので、別に十二日中なら問題はないんだけど、キリがいいので零時になったら開放しよう

 グラスメイドにハーブティー(常備しているカモミールを渡してある)を用意するように言って、中央管理室に椅子をもう一つ持ってきて、そこに座った

あなたも好きかも:化物語 2 スロット ブログ
もう一つある椅子には、グラスアバターがくたっとした様子のまま鎮座している

あなたも好きかも:スロット 海賊
 第一階層入り口の様子を定点カメラで覗くと、百人どころではない数の人間が集まっていた

四百人くらい? 五百人はいないよね? そのうち百人ほどは、何かを売ったりしている

ちょっと縁日とかの屋台っぽい

チッ、場所(ショバ)代も払わないで商売しようとか! 今回はまだルール決めてないからいいけど、ちゃんと後で払わせてやるさ………

 カメラから意識を戻して、めいちゃんに問いかける

「特定の面子の監視は可能?」『……可能です

……管理者、または類するものが直接目視する必要があります』 この人混みの中で見つけられるかなぁ

第四班のみんなはいるだろうか

心配だなぁ

 ま、挨拶に行ってくるかな

 グラスアバターにチェンジして、プライベートルームの転送魔法陣から、第一階層の入り口へと飛ぶ

【王国暦122年3月11日 23:55】「ガラス少女だ!」「ガラスだ!」「主だ!」 ざわざわ、が大きくなって、入り口門の上に立つ私を見つけた冒険者が口々にガラス、と叫ぶ

 ガラス、ガラス、ガラス………