フェイト ラン スロット

フェイト ラン スロット

でも……聞こえる様な気がする

じゅうじゅう……じゅわじゅわ……って、何かが泡立つ様な音だ

「こっちから……? 違う、もう一本向こう……?」 いや、やっぱりこっちかな? 正確な場所なんて分かんない

こういう時にはいつもミラが引っ張ってってくれたから、僕ひとりだとやっぱり大したことは出来ないな……

でも、気になっちゃったからには調べてみよう

もし魔獣の手掛かりが見つかれば御の字

そうでなくても……「そう教えられて育ったからね

あなたも好きかも:指宿 パチンコ
はあ……ふたりがこっちにいなければ、こんなの無視して帰っただろうに……」 マーリンさんにそう育てられた以上、アギトとしての使命感がちょっと強めに出てる今はそういうのを気にしなくちゃ気が済まないのだ

あなたも好きかも:スロット ウィッチクラフトワークス 天井
気になったら調べなさい、自分で見に行きなさい

生まれ育った町の知らない道にも好奇心を向けなさい……って、きっとあの人ならそう言うだろう

 曲がり角をひとつ抜け、カーブミラーが置かれるくらい大きく曲がった一本道を進み、そしてようやく僕は異音の正体に気が付いた

ずーっと同じ音量で、同じくらいの距離で鳴り続けてたそれは、側溝に流れ込む雨水と生活排水が合流する音だった……らしい

あなたも好きかも:パチンコ btx
「……濡れ損……っ

ああもう! めっちゃ濡れたのに! 寒かったのに!」 バカじゃないかこれじゃ! いや、冷静に考えたら本当にただのバカだけど

まあいいや、ちょっとスッキリしたし

蓋の無い側溝からはゴボゴボ聞こえるんだけど、蓋されてて音の出所が小さいとそういう風に聞こえるんだ

うん、解決

解決したからはよ帰ろう

早く帰ってお風呂入って……その前にちょっと怒られるかな……? いやいや、子供じゃないんだから、今更帰りが遅いとか雨に濡れたとかでは何も言われないって