熊谷 パチンコ イベント

熊谷 パチンコ イベント

「お前さん、ちったァ落ち着いたらどうだよゥ」 袴装束を着こなした老人を前に、まだ若い少年とも呼ぶべき彼はお茶を片手に苦笑した

老人の右側に置かれた刀が本物であることは疑う余地もなく、二人がいる場所が熱気の残る道場であり、いくら片手に茶を持ちながらの会話とはいえ、ほんの数分前まで相応しい何かが行われていたことは確かだ

 けれど、付き合いが長いためか、切り替えが上手いのか、二人の間には縁側で茶を飲む間柄のような雰囲気があり、闘争の余韻すらそこにはない

 ただ、不釣合いではあるだろう

それは服装に関することでもあるが、血縁関係はないものの――たとえば、孫と祖父の関係であったとしても、いや、そうは見えないのだからたとえ話にはならないか

あなたも好きかも:オンラインゲーム メモリ
 不釣合いでも

「お前ェよ、俺が落ち着いてねェと言いたいのか?」 彼らの間柄は、少なくとも今は対等だった

「あっちこっちをふらふらと、遊び歩いてるのは落ち着いてるたァ言えねェだろう」「そりゃしょうがねェよ

あなたも好きかも:スレイヤーズレボリューション パチンコ
腰を落ち着けちまっちゃァ経験も積めやしねェのよな、これが

あなたも好きかも:スロット 貸メダル料金
俺ァお前ェの孫と同い年だぜ? 成長期じゃねェか

ここは存分に遊べと言うのが年輩の役目だろうがよ」「帰る場所くれェは作っておけと言ってンだよゥ」「あー、それを言われると痛いよなァ

だいたい帰る場所なんてのは、必要なのかよ?」「……若ェなァ」 だから、若いンだよと言いながら少年は頭を掻き天井を仰ぐ

仕草のたびに金色の髪飾りがちりちりと高く美しい音を立てた

「ああ、そういや延大人(エンターレン)からも似たようなことを言われたよな

ッたく年寄りッてのはどいつもこいつも似たモンか?」「そいつが誰かは知らねェが、人生でたどり着く先なんてのは、そう多くはねェって話だろうがよゥ」「夢のねェ話だ

まァ俺がバイトしてる料亭の店主だよ

ここ三年くれェ厄介になってンのよな、これが」「邪険にしてるわけじゃねェぞ? 帰る場所もなけりゃァ、足が地につかねェと言ってるンだ」「わかってるよ」 だから少年は少年なりに、意識して歩く方向を決めてきた