パチスロ スマホケース

パチスロ スマホケース

無属性にも治癒魔法入れとけよ神様〜

「そっちはどうなんだい? この人から魔物の処理を任されたようだけど……」「あ、はい! この通りです!」 でんっとホワイトグリズリーの毛皮を突き出して見せる灰色髪の美少女に引く中年おじさん

どんな図だこれ

「み……見事に解体したんだね

すごいや……」 バトソンさんもめちゃくちゃ引いてんじゃねぇか! 引きつった笑顔されてるよ!「やっぱり引きますよね……」 バトソンに耳打ち

それに対して苦笑いすると小声で返答する

「まあね

あなたも好きかも:海 パチンコ 沖縄
血まみれの部分が見えてなければ、少しはマシだったかもね……」 彼女は毛皮の部分をバトソンに見せたが裏は血だらけだ

「これ、馬車に積んでも大丈夫ですか?」 一応俺の戦利品らしいので持っていく事にする

了承を得ると二人は馬車の隅に毛皮、骨と肉とばらけて置いた

匂いとかその辺の問題だろうか?「あの、お願いがあるんですけど……」「ん? 何?」「私達も馬車に乗せてもらえないでしょうか……」 不思議なお願いをされたので、きょとんとした表情をする俺とバトソン

あなたも好きかも:金さん パチンコ 歌
「いや、最初からそのつもりだけど……ねぇ、バトソンさん」「ああ

こんなところに置いて行ったりなんかしないよ

あなたも好きかも:柏原 パチンコ アロー
ましてや怪我人までいるんだしね」「……っ! ありがとうございます!」 二人してぺこりと深くお辞儀した

「クルーディアまで行くけど大丈夫かい?」「あっ、はい

大丈夫です」 そう言いながらバトソンさんは出発する準備を進める

ちょっと急いでいる感じだったので手伝おうとする

「ああ、大丈夫だよリリアちゃん

おじさんがするから