パチンコ 出る台

パチンコ 出る台

「おっ、おい!マイカ!消えかけてるぞ!」マイカはニヤニヤしながらこちらを向きナーニャの方に右腕を伸ばして、人差し指と小指を立て「……あなたは……タジマ……ナーニャ……目の前で 消えゆく……"アレ"とは……関係……ない……違う……」とゆっくりと言葉を吐く

同時にナーニャの全身の輪郭がくっきりとしていき元に戻った

「なっ、何だったんだよ……」「……関係を……斬った……すまん……忘れて……いた」「よくわからんけど、気をつけてくれ……」俺は寝ている娘を抱き寄せて確かにそこに居る感触を感じながら音もなく大爆発してそして無音のまま崩壊していく超魔竜要塞を眺める

「……何が起こってるんだ?あの爆発の中で」マイカは口を大きく歪ませて無音の大破壊を眺めながら「……こちら側が……設置した……"機雷"……全て ……爆発させた……」「それはさっきも言ってたよな?」マイカは頷いて「誘い込んだ……タイムトラベラー……十二体……殺した……」「さっきの光は、時間を越えてワープしてきてたのか!?」「……少し違う

あなたも好きかも:鉄拳 エンジェル パチスロ
アグラニウスが…… 完全に……乗っ取って……この時代に……連れてきた ……歴史上の最強者たち……この世界に……連れてきて……」「それから、ここにワープさせてきたのか……」マイカは頷くと「怒らないで……これから……話すことを 聞いて欲しい……それに…… あとから……必ず……修正する……から 落ち着いて……聞け……いいな……?」「……内容によるな」マイカは顔を歪めて「……じゃあ……言わない……もん……」プイッと横を向いた

遠くではまだ超魔竜要塞が完膚なきまで破壊された後も音もなく青い炎の爆発と青い火柱を延々と上げ続けている

あなたも好きかも:ドラクエ10 ルーレット レイド
絶対に衝撃的なことをマイカが言うのはもう分かったので、覚悟をして腹に力を入れなおし「……分かった

聞かせてくれ

あなたも好きかも:パチンコ 出 玉 率
 お前を信じるし、お前のリカバリーを信じる」寝ている娘を片腕を回して抱いているからか先ほどまでの哀しみが少しずつ癒えていっている

さっきセイも言っていたが、よく考えればまだ誰も知っている人間は死んでいない

マイカは真顔で「……怒らない……?」上目づかいで訊いてきた

「起こらないと誓う」「わかた……言うぞ……」珍しく決心した顔のマイカが「あの……爆発で……死んだのは……操られた タジマ・ノア……タジマ・……ナーニャ ……そして……スズナカ……ミイ…… さらに……セイ……モルシュタイン…… それから……最終……進化した……ナーシー…… ……そして……流れ人……ガモヌ……あとは……」「いや……ちょっと待て、息子と娘の 名前が聞こえたが……」マイカは顔を顰めて、スッと消えた

口を開けて、唖然としながらまだ執拗に何もかも粉々にするまで、続いている爆発と火柱を延々と眺めていると背後から「はぁ、バトンタッチをされました

 私は損な役回りなのですよ

いつでもね」アルデハイトの声が聞こえる

隣に歩いてきたアルデハイト、いやアルデハイトのシルエットをした漆黒の影は横で座っている俺を見ないまま「この時間軸は、パラレルワールドになりかけていて それを我々が元の時間軸の歴史と 組み合わせ元に戻そうとしていて さらに、アグラニウスがそれに気づいたので 諦めて、勢力を一掃することにした

 という所までは、お話ししましたよね?」「……そうだな」「アグラニウスは、但馬さまも利用していた 例のモニュメントを使い、手先をタイムトラベルさせることで このパラレルワールドの歴史を修正して 我々に対抗してきました」「それも聞いた」「そして、過去や未来からその手先に 惑星アグラニウスの歴史上、強烈な存在感と そして能力を持っている存在を 未来や過去が捻じ曲がるのを覚悟のうえで 我々が見ている、あの爆縮を繰り返している超魔竜要塞に 一挙に集め、そして勝負を一発で つけようとしてきました」「……」「なので、私とマイカさんは、それを逆手に取り ワープして来た瞬間に、全員"機雷"で この時間軸から完全に抹殺しました」「なんで、俺の娘と息子が……」「……ノアさんとナーニャさんは 成長すると貴方様に 比類するほどの戦闘能力を持つのですよ

 喜ばしいことでしょう? そして仲が実に悪い