中世ヨーロッパ オンラインゲーム

中世ヨーロッパ オンラインゲーム

 ハイデブレック隊は散兵戦を行いつつボーヌ=ラ=ロランドの敵を回避すると前進を続行してナンクレに迫りますが、強力な仏軍の行軍縦列がシャンボン(=ラ=フォレ

ナンクレの西南西3.1キロ)から接近して来るのを望見し、直ぐにバチイイ(=アン=ガティネ

同東3.5キロ)まで退がるのでした

あなたも好きかも:香川 パチンコ スマート
 前衛先鋒隊が強力な仏軍と衝突したことを知ったC・アルヴェンスレーヴェン将軍は直ちに増援を送り、先行した砲兵小隊は最初にボーヌ=ラ=ロランドに籠もった仏軍を砲撃してこれを後退させると、後続の歩兵は一気にナンクレまで前進して部落を占領しました

あなたも好きかも:パチンコ 看板 画像
ナンクレ付近には既に仏軍の姿はなく、ハイデブレック隊を脅かした仏軍は後退したものと思われます

あなたも好きかも:東京レイヴンズ パチンコ モード変更
 そのハイデブレック隊の竜騎兵たちはこの時斥候として南へ走り、ピティヴィエ~オルレアン街道(現・国道D2152号線)沿道とその西側となるサントー(小部落

ピティヴィエの南西11.9キロ)とヌーヴィロー=ボワ(サントーの西南西8キロ)に仏軍部隊が存在するのを確認しています

 普第3軍団はこの20日、普第6師団がピティヴィエへ、普第5師団がボワーヌ(ピティヴィエの南東9.6キロ)へそれぞれ前進し、先にピティヴィエの西でオルレアン大森林の北に展開している普騎兵第1師団と連絡しつつ、大森林を望む地点へ前哨を送り警戒任務を開始するのでした

 一方、フォン・フォークツ=レッツ歩兵大将の普第10軍団(普第40旅団を中核とする「ショーモン支隊」を除きます)は、独第二軍の命令が「西への行軍」から「南西への前進」に変更されたことを知らず、前命令に従ってシャティヨン=シュル=セーヌからヨンヌ河畔ジョワニー(サンスの南南東25.2キロ)に向かいますが、途中幾度も仏の義勇兵、護国軍9月以降召集の新兵部隊、そして様々な武器を手にした住民等から狙撃や障害物の設置など様々な妨害を受けます

 彼らは普軍の進路上に障害物を並べ、橋を落とし、路傍の林や家屋等に潜んで銃撃を行っては姿を眩まし、少人数の部隊が宿営に入ろうとするところを銃撃するなど、次第に過激かつ巧妙にゲリラ戦術を駆使するようになって来ました

 また、今までは独軍の姿を見ただけで逃げるように撤退していた義勇兵や護国軍の新兵たちも次第に戦慣れして来ており、11月18日に普第38旅団が遭遇した義勇兵と護国軍の混成部隊は、普軍歩兵の銃撃に怯まず応戦し、また騎兵が襲撃を行っても持ち場を離れず抵抗し、「小癪な『民間人』にはこれで十分」とばかりに散兵の銃撃と少数の騎兵を繰り出すだけだった旅団長リヒャルト・ゲオルグ・フォン・ヴェーデル少将(マルス=ラ=トゥールの戦いで負傷後、復帰しています)が、痺れを切らして砲兵中隊に支援を頼み榴弾砲撃を行って後、ようやくヨンヌ県都で仏義勇兵たちの拠点となっていたオーセール(ヨンヌ上流河畔

ジョワニーの南東24.5キロ)に向けて後退して行ったのでした

 フォークツ=レッツ将軍は19日、自身の本営もジョワニーまで進めるとこの地で待っていた16日付でカール王子が発した「第10軍団はモンタルジへ向かえ」との命令を受領します

 この命令書は、馬車に乗る歩兵小部隊に護衛された第二軍本営の一士官によって運ばれたもので、この士官は途中幾度も仏義勇兵や武装住民の襲撃に遭遇しながらもこれを切り抜け、フォークツ=レッツ将軍に手渡したものでした

 普第10軍団はこのモンタルジへの行軍でも義勇兵や住民等から妨害を受け、前衛諸隊がモンタルジに進むのは21日夕刻となってしまいます

そこには配属変更命令を受けたヘッセン大公国(H)の騎兵6個中隊がこの日午前中に到着して彼らを待っていたのです

普軍の憲兵 ここまで、独軍の騎兵諸隊と普第3軍団の諸隊による斥候偵察、そしてカール王子自身が手配した偵察と情報収集によって得られた敵の状況は、その殆どが一致して「仏軍が強力な兵力をオルジュール(=アン=ボース