コブラ ぱちんこ

コブラ ぱちんこ

電気も入らないPCばかりだった

ホコリっぽい味気ない静かな部屋だった

 とりあえず飾り気の無い椅子に座り、一息ついたとき、ミズキ姉さんがフッと現れた

あなたも好きかも:hades スロット
 しばらくすると、サムソン先輩に、カガミ姉さんも戻ってきた

 ミズキ姉さんが泣き出して、カガミ姉さんがそっと背中を撫でた

 サムソン先輩はフゥと大きく溜め息をついた

 皆、疲れていた

あなたも好きかも:スロット スイカとは
 ということでボクが貴重品を回収してくる役目に手をあげた

「どのくらい、時間が過ぎていますか?」「なんかボク達が、あっちに行った日と、同じ日みたいっス」 カガミ姉さんの質問に、スマホを弄りながら答える

「場所も同じ、時間もほぼ同じか……

あなたも好きかも:幸手 パチンコ屋
でも、ちょっとおかしいぞ」「そうですね

ここ、作業していたように見えません」 皆が貴重品を手に取りながら、口々に不思議だと呟く

 確かにここは変だった

召喚される前、ボク達はずっと作業をしていた

PCだって起動していたし、資料だって、棚に詰まっていた

部屋も明るかった

 でも、今は違う

棚は空っぽで、PCの電源もつかない

「あっ、あれ?」 スマホを弄っていたボクは異変に気がついた