楓 スロット 年齢

楓 スロット 年齢

 門が弾けるように吹き飛ぶ

 ――それは、大地を削り、空を切り、瓦礫を吹き飛ばして突き進む、砲撃だ

「ん、方位よし

学園までの道はできたから、どーぞ

私の仕事はおーわりっ」「お、おい! これ学園は大丈夫なのか!?」「知らない

ぎっちゃんに連絡しておいたから、なんとかなるんじゃない? んじゃ」 さあて、行くかあ、なんて仕事帰りのサラリーマンのような哀愁を漂わせながら、あっさりとウィルは姿を消した

残ったのは彼らと、そして深さが一メートル以上はある半球形でできた〝道〟だ

あなたも好きかも:パチスロ 押忍!サラリーマン番長
 未だ、地鳴りのような音は響いている

あなたも好きかも:パチンコ 勝てる確率
ここから学園まで、あの〝力〟は向かっているのだろう

あなたも好きかも:聖闘士星矢 パチンコ 新台
「ジィズ」「ああ……ボケっとするなお前ら! 先頭は俺、しんがりには――ジェイル! お前がやれ! 配置は適当でいいが、気は抜くな!」 あちこちで声が上がり、最初の一歩をジィズが踏み出す

その隣を、三歩ほど遅れてシェリルがついた

 まだ、隣を歩くのには早いと、そんなことを思いながら

円つみれ、サミュエル・白井、ミルエナ・キサラギの三名が運動場にある西門に到着した時には、それなりの人数が既に揃っていた

そして、真っ先に見つけた鷺花が声を上げる

「つみれ!」「はあい! なに、鷺花さん」「鈴ノ宮から直通で、ウィルが〝道〟を作る

準備時間は五分くらい目安、指揮を執りなさい」「うげっ……!」 どうせ乱暴な手段だよね、なんて大声で聞きながら、左手がミルエナの躰に触れる

「防御行動でいいの?」「それしかないでしょ

ちなみに――」「鷺花さんと、芽衣さんは手が出せない、でしょ

わかってるって」「おい、つみれ、正気か……? この規模だと、下手をすれば学園そのものが吹っ飛ばされるが」「紫陽花さんを甘く見ない方がいい