船堀 パチンコ

船堀 パチンコ

そして、そんな風に他人様のお皿を意地汚く眺めていたネアは、突然恐ろしいことに気付いてしまい、ざあっと血の気が引いた

「………………ふにゅ」「……………ネア?どうしたんだ?」突然ネアが涙目になってしまったので、焦ったようにウィリアムが顔を覗き込んでくる

何か怖いことがあったのかと手を握ってくれたが、ネアは確かにとんでもない悲劇に直面していた

「く、…………」「く……………?」「クリームの日をすっかり忘れていました

あなたも好きかも:パチスロ ギガゾーン
その日に何があったのかを思い出したところ、トレトレの日と重なってシュタルトに行っていたのです!」「………………クリームの日、というものがあったんだな」「そ、その日にしか食べられないお菓子があったのです

昔のウィームの王様の大好物だった、あつあつさくさくのオレンジ風味のパイに、たっぷりの紅茶のジャムと檸檬風味の生クリームを添えていただく至高のお菓子が………!!何という事でしょう

あなたも好きかも:古賀 パチンコ 昔
私があの素晴らしい日をすっかり忘れていただなんて……!!…………ぎゅう」ぱたりとテーブルに突っ伏したネアに、大きな手が優しく頭を撫でる

どこか困ったような、甘やかすような優しい声で、ウィリアムは素敵な提案をしてくれた

「ネア、それなら、同じものをアルテアに作って貰ったらどうだ?」「………………使い魔さんに」「アルテアなら再現出来るだろう

みんなで食べるものなら、明日はまだ自由に動けそうだからな、俺も参加しよう

エーダリア達も誘って、みんなで食べようか」「王様の誕生日を勝手に変えても、世界は許してくれるでしょうか…………?」そろりと顔を上げると、黒ちびふわが尻尾で頬っぺたをぱすぱすしてくれたので、焼き立てパイは作って貰えそうだ

ムグリスディノも心配そうにむくむくの体で反対側の頬にもふもふアタックしてくれるので、ネアは頬っぺたを満たす毛皮に胸が熱くなった