スロット ツインエンジェル ブレイク 中段チェリー

スロット ツインエンジェル ブレイク 中段チェリー

セシルは多少緊張した面持ちで、とある部屋のドアをノックした

 先ほどまでは、いつも通り事務処理の業務をこなしていた

あなたも好きかも:バー カジノ
 しかし、突然リラアマミヤのトップであるワーヒドに呼ばれたのだ

 クラウンが立ち上がったばかりのころならともかく、現在ワーヒドが一般の従業員に関わるのはほとんどまれだ

 セシル自身がワーヒドと直接対面したのは、ケネルセンの奴隷商館で、それ以来の対面になる

 そのためにセシルが緊張しているのは、突然首(奴隷商館に戻される)になったりするのか、などと考えているからだ

 奴隷である彼女にとって、リラアマミヤでの労働は非常にいい環境だった

あなたも好きかも:フェアリー スロット 天井
 とてもではないが、他に移籍になったとしてもこれ以上の場所は無いと思っていた

 だからこそ、もう一度奴隷商館へ戻されるなんてことは、勘弁してほしいとおもっているのだった

あなたも好きかも:パチンコ 新 大阪
「入ってください」 部屋の中から男性の声が聞こえて来た

 恐らくワーヒドだろう

 失礼にならない程度の速さでドアを開けて、すぐに頭を下げた

「失礼します