パチスロ 地獄少女 開始画面

パチスロ 地獄少女 開始画面

よく物語の中でも、身分違いの恋だとか、敵国同士の恋人たちが運命の残酷さに嘆く場面があるが、まさにこのような無力感に苛まれるのだろう

変態と一般人の間にそびえたつ壁も、王族と平民くらいには高い壁であるとネアは思うのだ

あなたも好きかも:パチスロ カンフー レディ
(でも、これはディノが大切に思うもののことなのだから、一方的に叱りつけてもきっと上手くいかないような気がする…………)「では、その紙切れを、宝物部屋に一か月保管するごとに、三日一緒に寝台で眠りましょう

ディノは、紙切れの中の私の絵と、私本人とどちらがいいですか?」「一か月保管するごとに……………」「はい

勿論、巣の中に仕舞い込まないということさえ叶えばいいので、ディノのお部屋で保管していて構いませんからね

それでも、やはりその紙の方が大切ですか?」「ご主人様………………」「私は、三日もディノと並んで眠れたら楽しいなと思うのです

ディノも同じ気持ちだと嬉しいなと思ってしまいますが、一方通行な思いなのかもしれませんね」「………………個別包装なのかい?」「むむぅ

ではこうしましょう

その三日は、眠るまでは個別包装ではなくて構いませんよ

眠る前に二人であれこれお喋りしたりしますものね」「………個別包装じゃない」ここで魔物は敗北し、おまんじゅう祭りのコース取りのメモは、無事にディノの宝物部屋の中にあるスクラップブックに移動された

あなたも好きかも:押す番長 パチンコ 設定
このスクラップブックは、列車の車内販売で買ったラムネの袋や、ネアがディノにあげた贈りものの包装紙などが保存されているもので、リボン専用のものとはまた別の一冊だ

あなたも好きかも:地獄少女 スロット モード
(これからは、メモを書く際には気を付けよう…………)以前、ネアがディノの絵を描いた時にも大はしゃぎで同じ事件が起きたので、ネアは今度こそ気を付けなければならないと痛感した

ディノはネアだというが、丸と三角を組み合わせただけの、なんて事はない絵柄でしかないのに油断も隙もない

(でも、取り敢えずメモは巣から出せた!)胸を撫で下ろしたネアは、ここでおやつの時間を挟んで英気を養うことにする

魔物の巣の洗濯の儀式はとても疲れるのだ

今日の仕事は夜からであった