パチスロ 首が痛い

パチスロ 首が痛い

食べているうちに妹の機嫌も直ってきたようで少しずつ話しかけてくる

あなたも好きかも:ブラックジャック raw
「アルナ探索隊はもちろん私もいくからねっ」「いいけど、もう毒矢には当たらないでくれよ」「うん

あなたも好きかも:スロット 磁石
アルデハイトから解毒薬いっぱい作ってもらう!」「いや……そういう話じゃなくて」「あいつが居れば何とかなるでしょ」「頼りっぱなしもどうかなと思うけどな

あいつも大変だろ」「うふふ

今回メンバーは、アルデハイト、マイカ、私と兄さんかな」「そうなるかもしれない

ザルガスは部下たちが丸々居てほしいはずだしな」政治とかの偉い大人たちの交渉役はザルガスに任せるとして俺はそれ以外にも、色々と考えないといけないことがありそうだな

と思いながら、窓から外の様子を眺める

朝日が少しずつ昇って来ているのが見える

あなたも好きかも:スロット 売り上げ台数
「今日も小雨だな」「そうだよ

最後の大きいのは明後日くらいかなぁ」「雨が早く終わってくれることを願うわ」俺は乾パンをかじりながら、ぼーっと呟いた

ちゃんとした朝食のルームサービスがないのかと一瞬思ったがこんな早朝に、通話機をかけるのも担当の人に悪いのでやめておいた

その後、起き出してきた二人を混ぜて、四人でテーブルの上に広げられた食糧を食べて、朝日に照らされながら雑談していると部屋の扉が叩かれて「タジマ様とそのご一行様たち!1ダール(時間)後に!女王陛下との謁見式がございます! 正装等、ご準備の程をよろしくお願いします!」と男性兵士が外で告げて、すぐに去って行った

「うむ……いよいよ……タジマ王子兼お大臣……誕生……」「まだまだですよ

私の見立てでは タカユキ様の最大版図はこの惑星半分です」「……二人ともやめてくれ……すでに荷が重いんだから」「マイカと私も領地もらえたりしてね

もちろんアルデハイトは無いけど」とミーシャが鏡を見ながらネクタイをしめているアルデハイトを茶化す

「私は平等な権利の保障された世界で育ちましたから、 そういう野卑な欲望はございませんよ

知識欲のみですね」「いやいやいや、俺も一応はそうなんだけど……」「流れ人というのは、否(いや)が応にも人の上や前に立つ宿命なのです

 私はただの一魔族にしか過ぎません」「……重い……重過ぎるな」「まぁ、自らの運命を楽しみましょう

 タカユキ様が壮健でこそ、我々魔族も安泰というものです」そう言いながらアルデハイトは、結び慣れていない俺のネクタイも結んでいく