スロット hey 鏡 天井

スロット hey 鏡 天井

 人は居ないわよ

みんな何万年もの、長い地下生活に弱り発狂して滅びたわ」「お前の言ってることはよくわからんけど、 これって、ヌーノが翼を出せばあっさり一番下まで……」と言っているうちに、ヌーノが翼を広げて、高層都市の建物の下まで飛んでいった

あなたも好きかも:飯田橋 スロット
「じゃ、私たちも最下層まで、行きますか」美射は俺の手を握ると、パチッと指を鳴らした

次の瞬間、俺は薄汚れてひび割れたアスファルトのような地べたの上に立っていた

見上げると上方には、遥か彼方まで網の目のように空中にかかった何百本もの橋が四方の高層建築物から伸びている

「ここが都市の最下層か?」「うん

工業地帯よ

まだ無人のこの街に、電力を送るべく稼動してるわ」「ここが実質、地下百階と思っていいわけか?」「うん

迷宮の九十二階から百階までは、この地下都市よ」「……これで終わりじゃないんだろう?」「ふふ

ついてきてよ

ヌーノちゃんは予想通り迷ったみたいだし 但馬にだけ見せてあげる」美射はそう言いながら、近くの建物の古代語で「この先レベル8地区

あなたも好きかも:デビルマン2 パチンコ
立ち入り禁止」と大きく書かれた虹色に輝いている金属製の扉へとゆっくり歩き出す

あなたも好きかも:バリーズ ラスベガス ホテル & カジノ
扉の前に二人で立つと「すり抜けて

身体が無いからできるでしょ?」と美射は幽霊のようにスルッと中へと通り抜け扉の中から顔を出す

「はやくー

ヌーノちゃん来ちゃう前にー」「う、うん」目を瞑って通り抜けようとするが、どうしても上手く行かずに扉に何度も引っかかる