サイコロ カジノ

サイコロ カジノ

ペップは顎を触りながら「つまり、タカユキに何か大きな恩を被せたいだけだにゃ?」「……」美射は前を向いて、耳まで真っ赤になって黙り込んだ

あなたも好きかも:まどかまぎか2 スロット
「自分の顔の赤さを操作するのはやめろ

 照れてないだろ……いい加減にしろよ……」「あ、ばれたぁ?」即座に顔の色が元に戻った

あなたも好きかも:スロット がろう
いや、戻しやがった

あなたも好きかも:パチンコ excel
また体をねじって目を合わせてこようとする美射を残像を残しながら右へ左へ顔を向けて避けながら「……あのな、それなりに俺も頑張ってるんだよ

 お前も多少は体張ってもいいだろ……」「あー!それ、亭主が長年連れ添った嫁に言う文句ですねー!」いきなり嬉しそうになった美射に脱力する

そしてペップに目で助けを求めると「……エッチじゃないにゃ

何も罰を与えられないにゃ」キドが笑いながら「デートの一つでもしてやればいい

 ペップちゃんを監視につければ不埒なことも おきないさ」「……するべきですかね?」一応、尋ねると「……俺とペップちゃんの分まで頼んでもいいかな?」「やったぁ」美射がめちゃくちゃ嬉しそうに両腕を振り上げた

「やったぁじゃねぇよ……」とはいえ、さすがに世話になっているキドから頼まれたらデートの一つでもしないといけないだろう……

さらに数十分、はしゃぐ美射を膝に乗せてドンヨリとしていると「目的地の五十キロ東に着いた

みんな準備はいいか? 無意識に操られているふりを気を抜かずに やらないといけない」「あの、但馬……ズボン頂戴……

 このままだと逆立ちとかしたときに色々と丸見えに……」ペップがジロリと美射を見つめる

「裾を破ってやるから、それを巻き付けるのは?」「そういうのが好きなの?褌にする的な? 好きならしますけどぉ……?」「なんでそうなるんだよ……そうじゃなくて 渡すとこっちは下がボクサーパンツだけになるだろ……」キドが笑いながら「俺の上着で良ければ渡すけど それを下半身に巻き付けられないかな?」ペップがため息を吐きながら「しょうがないにゃあ、私のショートパンツの下に穿いている レギンスを渡すにゃ」「……」美射が感動した目でペップを見つめると彼女はため息を吐きながら首を横に振り「貴様の心配じゃないにゃ

 貴様が邪悪なエッチな波動を放つことを できるだけ避けたいだけにゃ」「またまたぁ……私のことが好きなくせにぃ」ペップは瞳孔を細めながら「……貴様が人でないのは、ここに居る全員が よく知ってるにゃ